俺は見た、リアルな鳥海山を【鳥海山リベンジ】

2004年08月27日(金) 1日目

前回、赤城山登山で膝がやっぱりパンクしていることを確認した。これだと今シーズンは登山断念かなあ、と残念に思いつつも、家でうだうだ本を読みながら酒飲んで時間を潰していたのだがやっぱり居心地が悪い。自宅で「クーラー」という偉大なる文明の利器を絶賛しその技術を余すところ無く体感していたわけだが、身の回りの環境が快適であればあるほど人間って余計な事に気を回す余裕が出てくる。

「膝のことはとりあえずおいといて、どこか山に行かないとなあ」

とりあえず置いとく、というコトバで片づけられない重要な要素である気がしなくもないが、そうはいっても山が気になるお年頃。気がつけば、もう8月末。残暑お見舞いを申し上げすぎてすでに陳腐化しつつある季節だ。夏山シーズンももう終わり。いかん、悠長に構えていると山に登りそびれるぞ。

そこで、えいやっと会社に有給届けを出し、えいやっと山に行くことにした。とりあえず、南アルプス鳳凰三山くらい登ってこよう。

しかし、ここで「えいやっ」と思いつきで行動したもんだから、天気予報について何も考えていなかった。お休みを確保したこの日、山梨界隈は雨の予報になっていた。ううむ、これは想定外だった。では、北アルプス方面に向かうとどうか。ここも雨。くそ、だったら近場で関東近辺はどうか。ここも雨。

天気予報を調べまくった。「こうなったら開聞岳(鹿児島県)登ってもいいぞ」などと範囲を広げてみたのだが、どこも雨、雨、雨。週末ずっと日本全国雨でやんの。けしからん。一斉ストライキをやってるつもりか?

一人で憤っていたのだが、唯一秋田県・山形県界隈だけがこの週末、晴れの予報となっていることを発見した。日曜日には雨が降るようだが、金曜・土曜で登ってくれば問題はなさそうだ。

秋田、山形かぁ。・・・となると、鳥海山、か。

1 2 3 4
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください