ほほえみの国で薄ら笑い【タイ】

2005年01月21日(金曜日) 2日目

ホテルの朝食ビュッフェ

二日目の朝。日本から時差2時間なので、少々体内時計が狂っている。

そんな体内時計を修正するのが、メシですよメシぃ。昨晩に引き続き朝もバイキングなので、さて一体どんな料理があるか楽しみ。まさか、昨晩と同じタイスキが朝にも!なんてことはあるまい。

朝食会場は欧米人率多し。高級ホテルゆえに、地元タイの人はあまり泊まらないようだ。そのせいでか、トラディショナルな料理はあまりなく、西洋風な料理率高し。で、欧米の方たちはパンとかベーコンとかそんなのばっかりお皿に盛っている。せっかくタイに来たんだから、それっぽいものを食べればいいのに、と思う。案外欧米人って食に対しては保守的。その点、日本人は節操なく・・・と言ったら言葉が悪いが、大抵のものは好奇心とともに食べる事ができる。そういう点では日本に産まれて良かったと思う。

写真はおかでんセレクトの朝食。朝から食べすぎだ。いや、これでも自省した方デスヨ?本心を言うと、ビュッフェ形式だったら全種類取らないと気が済まない性格なもんで。

一応、タイ風といえば米の麺と魚団子が入ったスープに唐辛子ぶっかけ、という料理程度。パクチー取り放題だったら、それだけで一皿盛っていたところだが、そんなナイスな料理は存在しなかったのが惜しい。

閉店のお知らせ札にもJCB

おや。

ここにもJCBのロゴが。閉店のお知らせ札にもJCBとは。

よっぽどJCB信仰が篤いようだ。

COTTO

トイレの便座のロゴマーク。「COTTO」だって。

多分これ、TOTOを意識したな?

バンコク市街大渋滞

ガイドさんのお迎えを受け、二日目の行程開始。

これまでの時間、今日何をするか把握する余裕は十分にあったはずだが、相変わらずおかでんは何にも予習できていない。目の前に広がるタイワールドに圧倒されており、それを脳内で咀嚼するのが精いっぱい。とてもじゃないがこれから先のことなんて見通せない。

しまったなあ、事前に予習しておけば良かったなあ、とぼやくが後の祭り。

朝、通勤ラッシュなのか道路は大渋滞。いや、通勤ラッシュだろうがなんだろうが、バンコクは常に渋滞しているのだが。

赤信号でも進むことができるっぽい

面白いのが信号で、青-黄-赤という3色信号と思わせておいて、実は赤信号でも進むことができるのだった。そのかわり、矢印が表示される。非常に紛らわしい。そうかー、右ハンドル左車線ということで日本と同じ、と油断していたが、こういうところはさすが異国。

リバーシティのシーフードレストラン
いけすのエビ

リバーシティ、というショッピングモールのようなところで車を降りた。これから水上マーケットを見に行くのだという。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください