見たことも聞いたこともない謎料理「東北農家鍋」をディープ西川口で食す

スマホカメラで写真を撮る男たち。

彼らはInstangamをやっていたりする日常を送っていない。そういう世代ではない。でも、写真を撮らずにはおれない、そんな迫力ある光景が目の前にあった、ということだ。

「すきあらば写真を!」という人ならともかく、そうでない男どもがカメラを構えざるをえない、それが東北農家鍋の圧倒的インパクト。

前回、メニュー写真にびっくりして「これは頼まなければ!」と頼んだ、「豚スネ肉の特製醤油煮」。980円。今回も、改めて頼んだ。

前回は、「なにか料理が間違って卓上に届けられたのではないか?」と疑ってしまうような、メニュー写真と実物との乖離だった。今回はどうだろうか。

・・・やっぱり一緒だった。

でも、うまかったからOK。

料理の色からして違うぞ、おい。

干豆腐の冷菜。パクチーがたくさん和えてあるバージョンが僕は好みだが、ここの紐状の豆腐がいっぱい。あと、きゅうりと、唐辛子。

みんな大好き羊肉の串焼き。クミンの風味がまたよし。

水餃子も頼んでみた。

本場中国の水餃子の味わいを、楽しむ。

(つづく)

コメント



タイトルとURLをコピーしました