日帰りで行くアメリカ旅行3【ヨコスカフレンドシップデー2015】

アンソニーピザ

今年もピザを買って帰ることにした。もうこれ以上基地内であれこれ飲み食いする気にはなれないけど、家に帰ってクーラーをガンガンにかければ、俄然「ああ、もっと食べておけばよかった」と後悔するに決まっているから。

で、「あれもこれも買って帰る」というのは面倒くさい。なので一発ガツンとピザを買えば、泣く子も黙るってぇもんだ。もっとも、さっきスナック詰め合わせをガツンと買ったばかりだけど。

で、先ほど見た「スバーロ」のピザは、デカくて大変結構なのだけど2年連続となるので冴えない。そんなわけで、2年ぶり2回目のピザ、「アンソニーピザ」を今年は制式採用とした。

アンソニーピザの直径は40センチ。スバーロと比べればヤバさが足りないが、暑いんだしこれで許して。

アンソニーピザのテント

毎年おなじみ、アンソニーピザの厨房テント。まるで工場か?というくらいの巨大設備と豊富な人員を配し、ひたすらピザを焼きまくっている。

それでも夕方、花火大会が始まる頃には売り切れてしまうのだから恐ろしい。日本人をピザデブにする気か?

アンソニーピザのメニュー

アンソニーピザで売っているのは、

アルティメートペペローニ 2,000円
ミックス 2,200円

の2種類。アルティメート(ultimate)とは「究極の」という意味だが、そんな大げさなものかね?「ペペローニ」はいわゆるペパロニで、スパイシーなサラミのこと。

訴訟大国のアメリカであっても、この程度の誇張表現は許されるらしい。「究極ではなかったので精神的苦痛を負った。だから1億円の損害賠償」なんてのはさすがのアメリカでもありえないのだろう。

40センチのピザの箱

結局ピザをお買い上げ。どっちを買ったのか、今となっては忘れた。もう、頭がぼーっとしちゃって。

タコ糸が店頭に用意されているので、それを適当に縛って荷造り。

さあ、もういいだろう、十分だ、帰ろう、涼しいところへ。これ以上ここにいたら、次に倒れるのはこっちの番だ。

気温36度

退却を始めてから基地のゲートをくぐるまでがとても長い道のりだ。相変わらずの広い道路、開放的な空。日光を遮るものはなにもない。

体力の限界ギリギリまで屋台巡りなんてやっていたら、この帰り道で息絶えていただろう。10%くらい余力を残している時点で退却するのが正解。

途中にあった電光掲示板を見ると、気温が36度だった。うへー、そりゃあ朦朧とするわけだわ。

ゲートを目指して延々と歩く人々

ゲートを目指して延々と歩く人々。

そういえば、小さい子ども連れの来場者は少なかった。パスポートなど身分証明をするものが用意できないから、というのもあるだろうし、これだけ暑けりゃ子どもを野ざらしにするのは危険だ。

ゲートを目指して延々と歩く人々

ゲートを出た時点でヘロヘロになっていたので、我々一同はとりあえず涼しい場所に退避したかった。そんな時に目にしたのが、ゲート近くにあった甘味処。レトロな雰囲気のお店で、かき氷の旗が軒先に吊るしてある。

ああそうだ、かき氷を食べよう。それでクーラーにあたれば、随分と楽になる筈だ。ここから家路ははるかに遠い。一旦体制を立て直してから帰路に就こうじゃないか。

甘味どころお品書き

アメリカに行ったはずなのに、急に日本に引き戻された感のあるお品書き。これが日本の現実だ、アメリカ旅行なんてうたかたの夢なのだよ。

かき氷メニューがいっぱいあって目移りする。だけど、さすがに宇治金時みたいな重たいものを食べようとは思えない。

レモンかき氷

そんなわけでレモンかき氷。ああ涼やか。

しかし誤算があった。このお店、クーラーがきいていなかったからだ。日差しが照らない分まだましだけど、熱気はそのまんまで一同をげんなりさせた。

すぐに溶けて水になってしまうかき氷をわしゃわしゃと食べ、一同はまた駅へととぼとぼ歩いていった。

結局、この後なんだかまとまりなく解散となった。4名のうち、僕を含めた2名が「すぐに電車に乗って帰る」といい改札をくぐり、残り2名は「喫茶店で涼んで、トイレで服を着替えてから帰る」といって居残ったからだ。

「それなら僕も喫茶店に行きますよ、折角ですし」といえなかったのが僕の弱さ。片手にはスナック詰め合わせ袋、もう片手には直径40センチのピザ。そして暑さと早朝からの行動による疲労困憊。早く手仕舞いがしたかったのだった。お付き合いできなくて申し訳ない。

そんなわけで、2015年のヨコスカフレンドシップデーはほうほうの体で終了、グダグダに解散となった。ひでぇ。

帰宅して一息ついて改めて思った。2016年はもういいや、と。この3年間で見るものは見たし、食べるものは食べた。こんな灼熱地獄で身の危険を感じながら行くのはいやだ、と。

しかし、結局2016年も行くことになった。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」、というわけではないけど、艦船見学はやめてメシに専念しよう、というわけだ。果たしてどうなることやら。