神田カレーグランプリ2013

06軒目:インド・パキスタン料理 シディーク神保町店

シディーク

シディーク。「鉄板焼きカレー」と「バターチキンカレー」の二色カレーセットを提供している。このお店も神田界隈では有名店。2011年、2012年のカレーグランプリでは「準グランプリ」を獲得している。

しかし、どうしてもグランプリにはあと一歩届かないようで、この年(2013年)も準グランプリで、2014年は三位という結果だった。でも、そういうお店の方が安定しておいしいのかもしれない。

バターチキンカレーに串焼きジャンボタンドリーチキンをオン

二色カレーセット700円に、さらにタンドリーチキンを+300円で追加したもの。カレーを15軒分食べるだけでも大変なのに、追加トッピングなんて余計な事を!と思うが、これはある事情があってやむを得なかった。

というのも、この神田カレーグランプリ、事前に公式のガイドブックが書店で発売されたのだが、そこに100円の割引きチケットが5枚ついていたのだった。お得感が高い、ってことで今回参加の4名分のガイドブックを買い求めていたのだが、この割引券が使えるシチュエーションってのが限定されていた。カレーが割引きできるのかと思ったら、サイドメニューしか割引き対象になりません、といったものだった。このため、折角のチケットを使い切るために、欲しくもないトッピングをする羽目になってしまったのだった。

07軒目:インド料理 ガネーシャガル お茶の水店

ガネーシャガル

ガネーシャといえば、象の頭と人間の体が組み合わさったインドの神様。インド料理店なんぞにいけば比較的よく見かける。じゃあガルって何だ、というと、どうやら「家」とか「砦」とかの意味があるらしい。象の神様の家、ということだ。

パラクコプタ

このお店は、2014年現在閉店してしまったようだ。美味しいカレーで、僕ら4名の間ではとても評判が良かったお店なのに残念。この日、我々だけで16枚集めた投票券だが、そのうちそこそこの数がこのお店に流れたはず。

カレーは、「パラクコプタ」というほうれん草のカレー。ミートボールも入っている。

08軒目:喫茶 プペ

喫茶プペ

洋食屋だけでなく、喫茶店もカレーは主力商品だ。そんなわけで、神田の喫茶店も平等に一般の評価を集め、本戦にエントリー。お店としては、喫茶店としてのこだわりがあるようで、ビーフカレーにアイスコーヒーが漏れなく付いてくるサービスをやっていた。さすが。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました