草津二十番勝負【ミニ湯治強行軍】

翁の湯脱衣場。入って右側に浴室、正面になにやら二つの扉がある。昔のアドベンチャーゲームみたいだな、どちらか一つを開けると次に進めるけど、もう片方だといきなりバッドエンドになる、みたいな。

恐らく片方がトイレ、片方が清掃道具入れだと思う。

いちいちレポートしなくてもいいことだけどな、こんなこと。

翁の湯浴槽。

木の壁とコンクリートの壁の組合せ。これまでの浴槽でよく見られた「水色の塗装」はされていなかった。

ここも屋根を見ると比較的新しい木材が使われていた。少なくとも数年以内に改修されたものだろう。どこもそうなんだな。18も共同浴場があったら、草津町としてはそれぞれの改修費だけで結構な財政出動なんじゃないのか。

ひょっとしたら、草津には「宮大工」ならぬ「温泉大工」がいて、温泉湯屋独特の技法を脈々と受け継いでいる・・・なんてことがあったりして。でも、実在しても何ら不思議じゃないぞ。

脱衣所と浴室の仕切り壁には、双方から向こうが覗けるようなガラス窓があった。これは他の共同浴場でも何カ所か見かけたので、翁の湯に限った事ではない。

恐らく、入浴中に脱衣場から貴重品が盗まれる事件が多発したので、このような対策を打っているのだと思われる。地元民だけでなく、たくさんの観光客が訪れる地。中には悪い人だっていっぱい訪れるだろう。

脱衣所に鍵付きロッカーを設置するのも大げさな話だし、これが一番現実的な解なのだろう。

もっとも、一番手っ取り早いのは「浴室と脱衣所が一体化している」形。この後出てくる白旗の湯と地蔵湯はその形態をとっていたが、それ以外は草津の共同浴場では見あたらなかった。

昔の共同浴場は恐らく、浴室脱衣場一体型が主流だったはず。しかし、それが今ではほとんど残されていないのは、一体型が不評だったからだろう。これは推測の域を超えないが、「一体型だと、足下が濡れているのでソックス履けないじゃん」という意見が多かったのではないか。その結果、浴室脱衣場分離型スタイルが主流となった、と。そこまでは良かったが、今度は入浴中の人の目につかないということで盗難が発生。今更浴場の基本設計からやり直すのも大変なので、では浴室からも脱衣場が見えるようにしよう、ということで決着を見た・・・と。

浴室から脱衣場が見やすくする工夫はその他にもされていて、浴室と脱衣場を仕切っているサッシが全透明のものを使っている共同浴場も散見された。これはありそうで無い工夫。普通、この手のサッシは下半分はでこぼこに加工されていて向こうが見えないようになっているもんだ。それが、丸見え。これは結構新鮮な光景。これだと、湯船にどっぷり浸かっていても脱衣場を眺めることができる。

翁の湯から、スナックやバーが並ぶ小道を経由し、坂を下って西の河原通りへ。この小道、西の河原へ行く道中にある饅頭屋の勧誘がうっとおしい時に迂回路として使う事がある。

スナックなどはこれからの時間が稼ぎ時のはずだが、営業しているお店が少なく閑散としていた。大丈夫か、草津。

西の河原通りも、人通りはあまりない。靜かなもんだ。3連休の初日とは思えない。1カ月前の3連休に草津を訪れた時は人が多かったのだが・・・。

湯畑近くの温泉宿。このあたりにくると、中心地の辺縁にある小型の旅館と違って、規模と風情と金のかけかたが全然違ってくる。立派だ。

でも、今日一日草津を歩いてみて思ったが、「無理に湯畑近くに宿をとらなくてもいいな。」

おかでんの草津宿泊のイメージは、「高い。値段とサービス(含む料理)が一致していない」というものだった。しかし、よく考えてみればそれは草津の中心地にある宿に対してのものであったのかもしれない。ああ、こう書くと草津の中心地にある宿はダメと書いてるみたいだが、そうじゃない。立地条件が良いということはサービス業にとって最大の武器であり、それに見合った対価を請求しても良いと思うので、高くてもいいんじゃないスか。

話が逸れた。草津の宿が相対的によそと比べて高い印象を抱くが、ちょっと中心地から外れて値段が安い宿を選択するのも選択肢としてありだな、と認識を今回新たにした。地図上では湯畑から離れて見える宿でも、いざ歩いてみると案外近いもんだ。そして、各地に素晴らしい共同浴場があるので、宿の内湯は正直どうでもよろしい。昔の草津は「食べるところ、無いなあ」という印象があったが、今は夜でも飲食場所に不自由はしない。温泉街散策を楽しみながら、外食するという素泊まり戦法をとればなお安くつく。

ちなみに、おかでんがウーロン茶を買ったセブンイレブン(睦の湯近く)の隣には、素泊まり4,000円の宿があった。さすがにそこだと湯畑界隈までいくのに少々時間がかかるが、じゅうぶん徒歩圏内だ。草津での一泊が4,000円から楽しめるとなれば、これはお得だ。

どこの共同浴場だったかは忘れたが、地元の人が湯船でぼやいていた。

「最近のお客は金落としていかねぇんだよなあ。湯畑あたりには人がいっぱいいるけど、全然お金使わない。ちょっと買物して、それでおしまいよ。日帰り客も増えたもんなあ」。

このご時世、なかなか観光地にはお金を落とさなくなっているのは草津に限った話ではないと思う。潤うのは近隣のコンビニだったりする。観光地受難の時代。でも、それに甘んじていてはダメなわけで、生き残りをかけてあれこれ手を打たないと。草津のような大温泉地の場合、ハイクラスの宿から安宿まで、全ての客層に対応できる宿のラインナップとそのPRがまずは重要。それから、飲食店にしても「軽くつまめる安いもの」から「せっかくの観光だから優雅に食事を」と考えている人向けの高級志向の店までそろえること。貧乏人は金を落とさないから困る、と考えるのではなく、貧乏人には貧乏人なりに、金持ちは金持ちなりにお金を落として貰えるインフラ整備をしないと。出迎える側が客をえり好みしている時代はもう終わった。

その点、草津は頑張ってる気配はする。

湯畑脇にある、「熱の湯」。1日8回、湯もみショーを見ることができる(有料)。ここは熱の湯源泉という源泉なのだが、残念ながら熱の湯自体には浸かることができないので熱の湯源泉は未体験でおしまい。

昔はこの湯もみショー、もっと回数が少なかったはずだけどな。草津名物ということで回数を増やしたな。

一回目のショーが朝7時からで、二回目が7時半、三回目が10時・・・となっているのがとても面白い。温泉宿の場合、朝食が朝8時からの場合が多いので、それを配慮したスケジュールだ。三回目が10時なのは、当然のことながらチェックアウト時間を意識したものだ。そして、お昼はどどーっと空白期間となり、夕方からまた頻度高く開催される。今度は夜草津に宿泊する人向け、というわけだ。日帰りの人で湯もみショーを見たい人は要注意。

湯畑。草津を代表する観光スポット。草津の中心といって間違いない。草津到着から早6時間が経過しているが、ようやく湯畑さんにごあいさつ。どもども。これまでさんざん共同浴場でお世話になってきた「湯畑源泉」がまさにここだ。

湯畑はライトアップされており、夜の散策には最適。近くには足湯もあるので、カップルでライトアップされた湯畑をアホみたいに眺めるも良し。

ざっと見渡した限り、人は多いのだが、9月に訪れた時よりは少なかった。どうしたのだろう。

もっとも、この時間帯は宿泊客は宿の料理に舌鼓を打ち、大いに酔いしれている時間。今うろちょろしている人の多くは日帰り客だろう。

そういえば、喜美の湯だったかどこだったか、「今日はまだ空いてっけど明日は混むぞー」と言ってる地元の人がいたな。3連休の草津は2日目が混むのか?

[第08湯 白畑の湯(白旗源泉) 18:57]

湯畑の端にある共同浴場、白旗の湯。人通りが多い場所なので、入湯者が特に多い共同浴場。湯畑に面してはいるけど、源泉が違う。湯畑源泉が「酸性-硫酸塩・塩化物泉」なのに対し、白旗源泉は「酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉」となっている。白旗源泉の方がいろいろ混ざっていてお得感がある。いや、いろいろ入ってりゃいいってモンでもないんだろうけど、素人目でみると。

それにしても、湧出場所はほんの数十メートルしか離れていないのに、この差は何だ。しかも、どっちもお湯がこんこんと沸いているのだからすごい。そのお湯の元となるのは数百年前に降った雨水なのだろうが、それにしてもこんなにお湯がどばどば出て大丈夫なのか。草津白根山がしぼんでしまいそうだ。

でも、都会のスーパー銭湯の「自称温泉」のように地下深くからの強制ポンプアップじゃなくて、自噴しているんだからなすがままだよなあ。自然が「湧き出たい!」と言ってるんだから、それを「もったいないからもう少し自重しなさい」とはいえんわな。

白旗源泉は草津で最も古い源泉と言われてるそうで、源義経も浸かったとか浸かってないとか。その泉質の良さから人気が高いが、引き湯している宿は限られる。

白旗の湯は大混雑。脱衣場から人がこぼれそうになっている。ここは、脱衣場と浴室がつながっているタイプの建物。次々人が出て行くが、次々入ってくるのでとても慌ただしい。ゆっくり入浴するには向かない。

人の出入りが激しいのは、立地条件の良さもさることながらここのお湯がとても熱いことにも起因する。とても熱い部類だ。今日すでに7つのお湯を頂戴してきたこちらからすれば、大したことないと思うのだが、一般人の感覚からすれば「熱くてたまらん」らしい。まともに湯船に入れず、リタイアする人もいた。

湯船は二つある。双方湯温が違い、みんな比較してぬるい方に待避していた。写真に写っているのは、熱い方。混雑した風呂だが、ご覧のように「誰もいないかのように」写真撮影ができているのは、この周りに人が近づかないからだ。

一方ぬるい方は芋の子を洗う状態。それでも、大半の人が「ひゃー」と叫び、短時間で脱出していた。ただ、念のため言っておくと、こちらのぬるい湯はその他の共同浴場の湯温と大差ない。

ぬるい湯の浴槽は、取り囲むように煙突状の建造物。実際、外から見ると煙突として建物から高く突き出ていた。独特な湯気抜きだ。ただ、なぜこちらの浴槽だけなのか、謎。何か意味があると思われるが、不明。

熱い湯とぬるい湯の違いは、ぬるい方が白濁していたということ。熱い湯の方ももともと若干濁り気味の泉質なのだが、それがぬるい方では強調されている。人がたくさん入ったから濁ったのか、それともお湯が酸化して色が変わったのかはわからない。

人が多いぬるい湯は避け、熱い湯船に身を沈める。のびのびできてとても良い。温度は44度前後といったところか。肌に突き刺す感じがとても心地よい。突き刺す、というか貫かれる、という感じ。それが熱さからくるのか、泉質からくるのかは・・・知るか、そんなの。

あらためてとても良いお湯だと思った。今まで万代鉱源泉、湯畑源泉と体験してきたが、これが一番好きだ。素晴らしくハイレベルの中での「どんぐりの背比べ」なのだが。でも、この人混みはちょっとイヤだ。白旗源泉を楽しみたかったら、引き湯をしている旅館に宿泊した方がよさそうだ。

ちなみにこの湯、23時~5時は入湯できない。防犯の観点からだろう。

風呂入りに来たんだか、「あちー」と叫んでいる人や熱さに嫌がる子供などの人間ウォッチングをしにきたんだかわからん状態で、白旗の湯を後にした。せっかくだから、すぐ側にある源泉を見ておきますか。

白旗源泉は、湯畑のすぐそばにある。あまりに何の変哲もないので、気がつかない人は多いだろうし、気がついても湯畑源泉の一部だと思うだろう。

源泉そのものは見て何か楽しいものではない。ぼっこぼっこ泡立ちながら湧いているわけではなく、細かい気泡があちこちで立ち上っている程度だ。でも、自然の神秘には感心させられる。何でこんな平凡な場所に湧いてきたのか、不思議。温泉ってぇもんは、崖の斜面とか谷底とか、そういうところから湧いてくるもんだと思いがちだが。

白旗源泉の脇に、3階建ての若干レトロ調を意識した飲食店がある。木造建築(?)なので、インパクトがでかい上にプレゼンテーションに優れた建物。これは昔無かったので、比較的新しい建物だ。

1階は洋食屋、2階から上はお好み焼き屋になっている。おいしいかどうかは知らないが、ついつい中に入ってみたくなる。草津は歴史ある温泉街だが、こうして新陳代謝が進んでいるのは良いことだと思う。

新陳代謝といえば、草津の温泉街には射的やスマートボールといった古い娯楽施設が見あたらない。裏道を隅々まで探せばあるのかもしれないが、表だった場所には少なくとも存在していない。これはとても興味深いことだ。草津がうまく時代にあわせて変革しているということ・・・なのかな?

ただ、そんな中孤軍奮闘しているのが、湯畑入口に構えているパチンコ店。「湯~ぱち」と名乗っている。温泉に来てパチンコなんてするんか、と思ったが、案外繁盛していた。あと、スロット台も導入しているあたり、この店なりに新陳代謝が進んでいる模様。あまり進化しすぎて、「夜空にサーチライトを照らす」とか「大型ディスプレイで新型機のPRをする」といったことはしないように。

でも多分大丈夫だな、このお店、「ぱちんこ」の文字がはがれていた。結構ずぼらだ。しかも、「ぱ」の字が抜けているというお約束中のお約束を見事してくれている。素晴らしい。ただ、「こ」の字も一部はげてしまったため、結果的に「ちんっ」になってしまった。ちょっとこれは惜しい。

本日最後の共同浴場、瑠璃の湯を目指して坂道を登る。この道は湯畑からバスターミナルに通じる道だ。バスで草津に訪れた人は大抵ここを通るはずだ。・・・が、おかでんは初めての道。

この道は他県ナンバーの車がよく湯畑めがけて突撃してくる。カーナビで草津温泉を指定すると湯畑をゴール地点にすることが多いだろうし、草津について知らない人にとっては「とりあえず湯畑まで車で行こう」となる。

で、この坂道を下り無事湯畑に到着してみると・・・溢れかえる観光客で身動きがつきにくくなる。焦って、西の河原通りにハンドルを切ってしまうと、饅頭無料配布のお店あたりでにっちもさっちも行かなくなる。対向車が来たらもう涙目。実際、そういう光景を何度か見た。草津へ車で行く場合は、安易に中心地に車を突っ込ませない事。手前の道の駅などで駐車場の場所を確認しておいた方が良い。

(湯畑と白旗源泉の間のスペースに有料駐車場はある。ただ、ほぼ常に満車なので車を停めるのは期待しない方が良い)

通りすがりの土産物店。

ショーウィンドウはがらんどうだったが、上には花いんげんの缶詰めが山積み。さすが草津だ、やっぱり花いんげんが名物なのは間違いなさそうだ。

ところであんなに積み上げてるけど、売れてるんだろうか?

瑠璃の湯はちょっとわかりにくい、という事前情報があったので注意して歩く。

・・・が、歩いているうちにバスターミナルが見えてきてしまった。いかん、明らかに見失ってる。

今きた道を戻る。やっぱりみつからない。途中、「草津温泉案内之図」というのがあったので、確認してみたが瑠璃の湯については全く記述されていなかった。

休止したのか?

あり得ない話ではない。しかし、敢えて表示していないという可能性も捨てきれない。基本的に地元民用のために作られた共同浴場。来る者拒まずではあるが、積極的に人を招く事には消極的であってもおかしくない。だから記述されていないのかも。

うーむ、わからぬ。

今日のところは諦めて地蔵の湯を代替とし、明日明るくなってからもう一度捜索してみようか。

と、思ったら、あった。

うわ、地味だな。気付かなかった。というか、道路の逆側ばかりを探していた。探す向きが逆だった。

決して奥まったところにあるわけではない。堂々と通りに面している。しかし、ここに共同浴場があると気付く通行人がどれだけいることか。というわけで、

[第09湯 瑠璃の湯(湯畑源泉) 19:38]

毎度おなじみ脱衣所の写真。だからどうした。

浴室。

さりげない外観なだけあって、湯船もこじんまりとしている。

遠近法がキツく感じられるが、実際は奥に行くに従って湯船も壁も狭くなっている変則的な作り。

お湯はバルブからどばどばと湯畑源泉が注がれているが、それほど熱くはなく快適。一体、湯温調整ってどうやって行われているのだろう?源泉から遠くなればなるほどぬるくなるのは当然だと思うが、湯畑源泉の共同浴場を巡っている限り距離に比例して湯温が下がっているわけではなさそうだ。

白旗の湯が大混雑だったのに、こちらの湯は人が少なくて快適だった。途中、学生さんたちがやってきたが、なんでも会津若松からバイクでここまでやってきたんだという。そりゃ大旅行だ。なんでも、大阪の友達とこの後合流するんだと。えっ、ここがゴール地点ではなくて、ここからがスタートかよ。元気だなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました