日帰りで行くアメリカ旅行4【ヨコスカフレンドシップデー2016】

マクドナルド

水分補給をしつつ、基地内の散歩を開始する。

まだ時刻は10時前。さすがにオフィサーズクラブの食べ物屋台でステーキ!ハンバーガー!・・・という気分にはなれなかった。

「何か食べる意欲、ある?」
「まだちょっとないですねえ」

お互い顔を見合わせながら、そんな消極的な事を話し合う。

とはいえ、いつまでもそんな調子だときりがない。どんどんエエモンを見かけたら買っていかなくちゃ。

「何せ基地は広いからね、いろんなお店を比較して、一番安くてうまそうな店で最後に買おうなんてしているとへばっちゃう。どうせ大差ないんだし、これだ!と思ったら即座に買っちゃうのがいいだろうね。一期一会で」

そんな方針で今後練り歩こうと思う。

さて、オフィサーズクラブの屋台と並んで入場者をお出迎えするのが、マクドナルド。毎年ここも大人気だ。「基地の中に入ってまでマクドナルドだなんて」と思うが、オリジナルメニューがあったりするので好評らしい。

マクドナルドのドナルドスルー

毎年恒例になっている、道路脇にあるドライブスルー用のメニューを確認する。

基地内のお店なのにドライブスルーがあるというのが面白い。それだけ基地が広大で、移動に車が用いられている証拠だ。

まだ10時前だからか、エッグマックマフィンなどをはじめとするモーニングメニューが表示されている。

おい、「ソーセージビスケットwithエッグ」なんていう怪しいメニューもあるぞ。イングリッシュマフィンのバンズではなく、ビスケットにパティが挟まれている。こんな食べ物もあるのか!

他にも、「DESSERTS TRY SOMETHING SWEET」として、「3クッキー、シナモンメルト、アップルパイ」のセットが売られているようだ。うわ、くどい。甘さ地獄だ。まさかこれが一人前だろうか?いいぞ、それでこそアメリカン。

マクドナルドメニュー

しかし面白いもので、基地内のハッピーセット的なメニューのおまけは、妖怪ウォッチだった。ムーミンか妖怪ウォッチ、どちらかから選べというのは不思議な組み合わせ。

それにしても基地内の子供達、妖怪ウォッチを見ても理解できるのだろうか?

ここだけ日本語表記オンリーになっていることから、フレンドシップデー限定で日本人客向けに提供しているのだろうか??基地内に日本人従業員はたくさんいるだろうけど、「日本人の子供」というのはほとんどいないはずだ。

マクドナルド店頭

あれれ。

ドライブスルーのメニューから先に目線をやると、パイロンで通路をふさいであった。当たり前だけど、今日はドライブスルーはやらないらしい。

ウォークスルー限定メニュー

そのかわり、「ウォークスルー」だって!初めて見たぞそんな概念。

要するに店先で売るので、そのままTo Goしてくれ、ということだ。

このウォークスルー、ハンバーガーなどの食べ物販売は扱って折らず、フルーリーとシェイクだけの販売だった。しかしこのマックフルーリーのけばいことよ!なんだこの色とりどりな碁石は?恐るべき事に、マーブルチョコレートでおなじみのM&Mが中に入っているのだった。うわあ、くどい。けどこれは日本にはないメニューで面白い。おい、誰か買えよ。

・・・誰も買わなかった。

ちなみにマックシェイクも、日本の味付けとは違う「アメリカンテイスト」なんだそうだ。おい、誰か買えよ。

マクドナルドメニュー1

スペシャルパックなるセットメニューを売っていた。量の多さはケンタッキーの「パーティーバーレル」の比じゃない。その分お値段もお高い。

フレンドシップパックなる組み合わせは2,170円。クリスピーチキンデラックス、クオーターパウンダーデラックス、フィレオフィッシュの3つのバーガーに加え、2つのフライドポテトMサイズ、チキンナゲット10ピース、そしてドリンク3つ。

メニューとして特に珍しさはない。日本でも食べられるものだ。安いのか高いのか、普段マクドナルドでハンバーガーを食べないので不明。

それにしても量が多いな。基地内で、

「今日はマクドでメシ喰おうぜ」
「面倒だな、お前買ってこいよ」
「じゃあ、適当にセットのやつ買ってくるぞ、文句言うなよ?」

なんてやりとりを兵隊さんたちがやっているのだろうか?

マクドナルドメニュー2

そういえばこのお店の店頭メニューは全部円表記だ。メニュー名のカタカナ表記はないので、英語が苦手な日本人向けには作られていない。もともと、このお店は円での支払いが可能なのだろう。

ずらり並ぶメニューは、セット価格(Mealと表記)と単品価格(Sandwichと表記)が併記されている。非常にすっきりとしていて心地良い。

当たり前のことなのに、つい先日までのマクドナルドはこれすらできていなかったのだから本当に頭が悪い経営をしていたと思う。セットを売りたいがあまりに、単品価格を見せない・わかりにくい表示にするといったことを平気でやっていたのだから。お陰で随分客離れが起きたはずだ。

日本マクドナルドがカサノバ社長に代替わりしてからの改革なのか、その点随分改まったようで今(2017年2月)マクドナルドのwebサイトを見るとメニューはとてもすっきりしている。単品もセットも、わかりやすい。

兵舎

兵舎を眺める。

飲食店が近くにあるエリアなので、こういうところに住める人は役職が上だったりするのだろうか?・・・と思ったけど、仕事場である船なり整備工場なりオフィスはこの界隈にまったくない。日々の通勤は遠い。まあ、どうせ通勤バスのようなものが普段は循環しているのだと思うが。

まだ人は少ない

基地の奥へと向かっていく。この先が、屋台密集エリアだ。

昨年まではバース8で艦船見学をしてからこっちに向かったものだけど、今年はばっさり省略。熱射病、明日は我が身だ。昨年や一昨年平気だったからといって、今年もそうであるとは限らない。暑くなる前に用事を済ませなくちゃ。

「いやあ・・・それにしても人が少ない」

大通りを歩きながら感心することしきり。例年、この通りはフレンドシップデーのメインストリートなので大勢の人で賑わうものだ。しかしまだ今日は全然人がいない。やっぱり、「昨年暑すぎて、みんなもう懲りて今年は辞退した説」が濃厚。見ろ、この日陰の無さを。こんなところを延々と歩くんだぞ?しかもアスファルトの上を。死人が出たっておかしくない。賢明な人なら、この日ここにやってくるのは辞退だ。

ポケモンGOをやるよこさん

よこさんがスマホを取り出してゴニョゴニョやっている。

何事かと思ったら、先月リリースされたばかりで世界中を興奮のるつぼに陥れたスマホゲーム、「ポケモンGo」だった。

「ポケモンいないっすねー」

とよこさんがスマホを眺めながら悔しそうに言う。

「やっぱり基地内にいるっていうのはマズいんすかね?」

実際、どうなんだろう?お隣の三笠公園にはモンスターがいたらしいけど、基地内ではからっきしだった。ゲーム提供元の会社が「基地エリアは除外」という設定にしているのかもしれない。

道を歩く

朝方はなんとなくかすんでいた空だったけど、だんだん雲が晴れてきてくっきりとした青空になってきた。

今年はまだ涼しい部類で、こりゃ「客はいないわ、殺人的な暑さではないわで最高のシチュエーション」だと思っていたのに。あんまり悠長に滞在していたら、例年通りの灼熱地獄になる予感がヒシヒシとする。

緑地

道路脇、三笠公園側には芝生の緑地が設けてある。

このあたりは若干日陰ができるので、早く来た人はブルーシートを敷いたりして自分たちのベースキャンプを設けていた。夜まで粘って、そのまま花火大会を観賞するつもりなのかもしれない。

早く来て場所取りをすれば勝利かといえばそういうわけではない。木々のおかげで日陰ができるとはいえ、太陽は常に動いている。ずっと日陰でいられるわけではない。あと、いくら日陰でも空気が熱いのはどうしようもない。ここで夜まで粘る、というのはどうやっても我慢比べ大会だ。

場所だけ取って、空調が効いた屋内に逃げていればいいじゃないか・・・と思うだろうが、そういう場所が基地内にはとても少ないし、あってもスタンディングオンリーで着席できなかったりする。さらに、人が頻繁に出入りするので空気がぬるい。とても半日を潰してリラックスできるような場所ではない。

いやあ・・・みんなサバイバルしているなぁ。

屋台

別の屋台が見えて来た。例年ターキーレッグを売っている屋台だったと思う。

ホットドッグを買う

呼び込みの人が、どうだとばかりにサンプルを見せてくれた。

右手にはターキーレッグ、左手にはホットドッグ。

うお!ホットドッグ、でけぇ!

なんなのこのソーセージの長さ、太さは。コストコやIKEAで大きなホットドッグはお目にかかるけど、ここまで無駄にデカいホットドッグはなかなかお目にかかれない。こいつァいいや。

ターキーレッグも「いかにも米軍基地に来ました」感のあるメニュー。しかし毎年この基地を訪れていて、ちょっとだけ見慣れてきた感がある。むしろこういう「ありきたりなホットドッグだけど、よく見るとデカい」という伏兵の方がテンションがあがる。

欲しくなってきた。ううむ、欲しいぞ、これ。

メニュー

お店は「CPO CLUB」。基地内に何カ所かある公設飲食店のうちの一つ。先ほどの「オフィサーズクラブ」の系列になる。他に、「クラブアライアンス」、「クラブタケミヤ」がある。

  • ジャンボターキーレッグ 1,100円
  • フットロング ホットドッグ コンボ 800円
  • チーフ チーズバーガー コンボ 800円

※コンボにはチーズソースのかかったポテトウェッジ付き

  • チーズソースのかかったポテトウェッジ 400円

さすがに、デカいだけあってお値段はする。

ホットドッグ容器

でも買っちゃった。フットロングホットドッグコンボ。

こういうのは先陣を切って、えいやっと買わないと勢いがつかない。さあみんなオレに続け。今日はなんのためにヨコスカまで来たんだ?食い倒れるためだろーッ!?

屋台

巨大なホットドッグを片手・・・時には両手に抱えつつ、先に進む。僕が一発ガツンと食べ物を買ったので、よこさん・おーまさんの2名も少しソワソワしてきたようだ。じゃあ自分は何を買おうか?という気になってきた気配。

そこで「クラブアライアンス」ですよ。

先ほどのCPO CLUB同様、公設のレストランの一つ。ここも毎年、同じ場所にお店を構えている。

メニュー

大きな屋台で、オフィサーズクラブ同様に「フード屋台」と「アルコール屋台」が別棟になっている。アルコール屋台の方では、カクテルが売られている。

フード屋台のメニューはこんな感じ。

  • リブアイ コンボ 1,300円
  • バーベキューリブ コンボ 1,100円
  • チーズバーガー コンボ 800円
  • プルドポークバーベキュー コンボ 700円
  • ジャンボバーベキューウィング コンボ 900円
  • チリチーズナチョス 500円

コンボにはトウモロコシとフライドポテトが付きます

やはり、基地だからといって激安というわけではない。肉をガッツリ使っているものは、それなりに4桁のお金になりゃす。ご了承くだしゃんせ。

屋台

おっと、よこさんが意を決して何か買い物をしている。

この屋台はオーダーをして料金を払うテントと、料理受け取りテントをきっちりを分けている。食券を手に、受け取りテントへと向かう。

テント内にいるほとんどの人がアジア系の顔をしている。日本人が雇われているっぽい。もともとクラブアライアンスの従業員が日本人中心なのか、それとも今日のイベントのために臨時に雇われているのかは不明。

でかいジョッキ

クラブアライアンスのアルコール屋台方面。あずまやの下に、屋台を構えている。自家製ビールである「シャーキーズ」を宣伝する巨大なジョッキがそびえている。

以前はこの横にシェイブドアイス(かき氷)を売る屋台があったのだけど、今年はなくなっていた。

ナチョス

よこさんが手にしたのは、チリチーズナチョスだった。

うっわー、チーズどろりで見るからにくどそう。

「だってー、安いんですもーん」

確かに、1,000円以上のメニューがあるなかで、これだけは500円で安い。で、「くどそう!」という料理だって、立派なアメリカン料理だ。勘違いしちゃいけない、今日ばかりは「栄養」とか「カロリー」という言葉は気にしちゃいけないんだ。敢えてこういう料理を食べてこその、オフ会だ。

緑地

芝生のところで、とりあえず戦利品を食べることにする。

お持ち帰りにするには向かない料理なので。

芝生の海沿いには、ブルーシートのみならず小型のテントを設置している人までいた。日陰が全くないエリアなのに、日焼けでもする気なのか?バカなのか?と思うが、この人たちは夜の花火大会を特等席で見る権利を得た、ということだ。決してバカではない。ただし、これから半日何をして過ごすのだろう?

取り分

ホットドッグとナチョスを並べたところ。いやあ、この写真一つとっても日本じゃないねぇ。いいぞいいぞ。

ホットドッグを食らう

アメリカのホットドッグを食べるときは、「噛みつく」でも「かじる」でもない。「窒息する」のが正解。両手を使わないと食べられないし、生きるか死ぬかの瀬戸際だ。一歩間違えると、死ぬ。

ステーキ

そうこうしているうちに、おーまさんもなにやらクラブアライアンスで料理を入手してきた。

わ、なんだこれは。

肉だけじゃなく、ホットドッグまでついてるじゃないか。なんて贅沢な。

蛋白質(ステーキ)に炭水化物(パン)・・・の中にさらに蛋白質(ソーセージ)。入れ子構造だ。

バーベキューリブコンボ(1,100円)だったかな?これは。名前を聞いたけど覚えていない。

既にゲータレードが並ぶ

あわせておーまさんが買ってきたゲータレードが右側。早くもチューハイをカラにして、ソフトドリンクに鞍替え。しかも写真のとおり、あっという間に随分飲んでしまった。それだけ暑いってことだ。

ちなみに僕が飲んで既にカラにしている左側のゲータレードは「G2」と書かれている。一方、おーまさんのオレンジ色ゲータレードは「G」と書かれている。この違いは、おそらく「G2」はローカロリーを標榜しているもので、「G」はノーマルバージョンなのだろう。

ちなみにオレンジ色のゲータレードは355mlあたり80kcal。これでも一般的なジュースよりは低カロリーではあるが、量が量だけにがぶ飲みしていたらすぐに太る。

場所取りをしておく

ちょうどこのあたりは木陰なので、いったんここをベースキャンプにすることに決めた。荷物を置いて場所取りをし、次なる場所へ。

もちろん、これまで食べた程度では全然物足りない。もっと食べたいし、満腹になったってお持ち帰りにすればいい。欲しいものを欲しいだけ買う、そんな欲望を満たすのが一年に一度の今日だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました