日帰りで行くアメリカ旅行4【ヨコスカフレンドシップデー2016】

屋台

アメリカンなお菓子を売る屋台。ずらっとスナックが並ぶ。

正直、日本人の嗜好にビシビシと訴えかけるような商品ではない。人間、見慣れない食べ物には慎重になるものだ。デザイン、カラー、容器などなど。

でも、「これはいったいなんだろう?」という、探検気分でこういう商品を見て回るのは面白い。どうせ安いものなんだし、引っかかるものがあれば買えばいい。・・・ただし、ピザなんて買って帰るなら、こういうスナック類を持って帰るだけの「両手」の空きがあるかどうか、だけど。公共交通機関で帰宅するなら、なおさら。

屋台

こういうスナックのパッケージ色を見るだけで、「あ、日本のスナックじゃないな」ということがなんとなく分かる。どこがどう違う、と言われても答えようがないけど、どことなく不穏というか、日本的ではない。

緑色のスナック袋なんて、「カール」によく似ている。しかし、ペンキを塗って乾かしたような緑色は、やっぱり日本的ではない気がする。

黄色の袋だって、「VC3000のど飴」が似ているけど、なんかね、色の濁り方が違う。

なぞの料理

「これはなんだ?」

いろいろなスナックを見ている中で、ふと目にとまった小箱入りの何か。スナックではなさそうだ。・・・いや、スナック、ってちゃんと箱に書いてある。ご丁寧に。ああそうですかスナックさんでしたか、ごきげんよう。

缶詰と、ツナ缶のような料理がクラッカー状のものの上に乗っているパッケージ写真。猫のエサ?

「Ready To Enjoy」って書いてある。つまり、すぐ食べられますよ、ということだ。どうやらコイツは、ツナ缶とクラッカーのパッケージ商品らしい。へー、そんなものがあるのか!

バラバラで買って当然、という認識が僕ら日本人にはあるけど、なるほどセットで売ってても便利だよな。ちなみにお値段は230円。

青色のがノーマルのツナで、緑色のが「ファットフリー」のツナだそうで。とりあえず、青色のツナ缶を買って帰った。

家に帰って、パッケージ通りにクラッカーの上にツナを載せて食べた。味付けされているツナは若干くどい気がしたけど、なるほどこいつァ手頃でよい。満足したお買い物の一つ。ただし、小さいのであっという間になくなる。

チップス

ナビスコの「リッツ」は、本場ではこんな袋に入っているのだな。「サワークリームアンドオニオン」味だそうで。へー、こんな味があるのか。

「プリングルズ」(日本では森永がOEMを受けている)にもサワークリームオニオン味があって定番だけど、アメリカンが好きな味なんだろうか。日本人の場合、好き嫌いが比較的はっきりわかれる味だと思う。

スナック

ワーオ、ゲータレードの粉末が売られている!

ポカリスウェットの粉末が日本で売られているのだから、そりゃあ当然ゲータレードだってあるよな。実物を見て納得だ。それにしても2ガロンだって。一体これでどれくらいの液体ゲータレードが作れるのだろう。

お隣には、ネスレの「コーヒーメイト」なる商品が売られていた。インスタントコーヒーかと思ったが、どうやらコーヒー用の粉末ミルクらしい。ミルク!以上!かと思ったら、恐るべしアメリカ、こんなものにもいろいろなフレーバーがあるんだな。写真に写っている青いやつは「フレンチバニラ味」だそうで。くどそう。他にも、「ミントキャラメル味」なんてものもあるようだけど、もう訳がわからん。

ドリンク

ジュースがたくさん桶に入れられている、と思ったら全部がエナジードリンクだった。モンスターエナジーと、ロックスター。いずれも500mlで、日本ではお目にかからないラージサイズだ。こんなの日本人が飲んだら、鼻血出してひっくり返るんじゃないか?

以前、「レッドブルを立て続けに5杯飲んだらやばい」という話を聞いたことがあるけど、どうなんだろうか。都市伝説?ジュースごときで心配する必要はない?

タリフ

お値段は500mlのモンスターエナジーで500円。決して安くはない。さすが本場アメリカでも、そこまで安くはない飲み物らしい。普通のペプシなどが100円で売られていることを思えば、5倍のお値段だ。

日本だって、リポビタンDとかユンケルといった栄養ドリンクはごく少量なのにやたらと高い。それと一緒、ということか。値段も効果のうち。「高いのを飲んでるから効くはず」という。

購入

そんなわけで、買ってみました。「Snack ON THE RUN! TUNA SALAD」とモンスターエナジーの「ゼロウルトラ」。

モンスターエナジーはアメリカでは様々な種類が出ているようだけど、日本に入ってくるのはそのごく一部。この「ゼロウルトラ」というのも、ちょっと珍しいかもしれない。僕は普段この手のエナジードリンクを飲まないので、全然詳しくないのだけど。

ゼロカロリーの飲料、というのがほっとするじゃないか。栄養を摂取する以前に、血圧と血糖値が激増してヤバい、というのは困る。

JAVA MONSTER

一方、よこさんはモンスターエナジーの「JAVA MONSTER」なるものを買っていた。なんだこれは、と思ったら、「COFFEE+ENERGY」と書いてある。

「コーヒー味っすよー」

とよこさんが言う。ええ、コーヒー味のエナジードリンクという概念があるのか。もう何でもありだな。いずれ、トマトエナジーとか、ジンジャーエールエナジーとか、いろいろ出てきそうだ。

聞くと、こってりしてかなりくどい味らしいけど、好きな人は好きな味なんだと。「くどいエナジードリンク」というのがさっぱりわからん。

自分も買った

でも、惹かれてしまったので、僕も「JAVAMONSTER」を買ってみた。しかし、よこさんと同じモノを買うのも芸が無いので、色違いのものを。こちらは「バニラ・ライト」と書かれている。なんでも、よこさん購入のブツよりも50%カロリーオフになっているらしい。

帰宅後、よく冷やして飲んでみたけど、何が50%カロリーオフじゃい、これ、なんだか練乳を飲んでいるようだぞ?とろり、とした感じがするし、やっぱり甘い甘い。「微糖」「無糖」にすっかり飼い慣らされている日々なので、たまにこういう甘いコーヒーを飲むと卒倒しそうになる。元気が出たか?いやもう、こんなのを飲んじゃったら、元気が出たー!って無理矢理でも叫ばないと自分自身収まりがつかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました