広島県

食い地獄の狭間にて

キング軒で汁なし担々麺

「汁なし担々麺」が広島名物の一つであることをご存知だろうか。 もちろん、発祥の地なんて大層なものではないのだけど、広島で地味に愛されている料理の一つだ。
食い地獄の狭間にて

若牡蠣『先端』を食べる@広島ブランドショップTAU

銀座一丁目にある広島県のアンテナショップ「TAU」で、今年も広島のブランド牡蠣「先端」が食べられるというから行ってきた。 「先端」は生育数ヶ月で出荷、という超短期の牡蠣だ。普通は丸一年以上かかるものなので、相当早い...
食い地獄の狭間にて

麻辣民俗に、なろう。老四川を舐め尽くせ

別に二匹目のどじょうを狙っているわけじゃない。 そりゃ、確かに「ますゐ全メニュー制覇プロジェクト」は初参加の方や遠方の方も巻き込んだ、アワレみ隊企画としては規模の大きなものになった。 メニューを一つ一つ制覇していく高揚感、何度...
食い地獄の狭間にて

刺せるものなら刺せ!刃物常備の客席

一月に一度、広島を訪れているおかでんだが、そのの行動範囲内で、いつも気になっている飲食店がある。 その話の前に、ちょっと前振り。 広島市は百万人以上が住む政令指定都市。しかも、太田川河口を中心としたデルタ地帯に人々は密集...
食い地獄の狭間にて

韓国風広島お好み焼き

広島市中区富士見町にあるドイツ料理を中心とした「居酒家」、「ばんざい」。 「昼から本場ドイツビールをぐいぐい飲めこの野郎」と、公序良俗に反した大変けしからん挑発を繰り返している。そんなお店を取り締まらねば、なるまい。お店にあるビールを...
食い地獄の狭間にて

単品飲み放題

街で見かけた黒板。 飲食店の入口に掲げてあったのだが、「限定企画!!」とうれしそうに、かつ高らかに宣言してらっしゃる。びっくりマークが2個もついているので、超レアなのかもしれない。 その内容はというと、「単品飲み放題1時...
食い地獄の狭間にて

びびるおかわり

町で見かけた中華料理店の看板。 最近のブームということもあって、汁なし担々麺を売りにしているようだ。 おかげで、もともとの看板に書いてあったであろう、「●●料理(広東料理、とか四川料理、とか)」という表示が隠されてしまい...
食い地獄の狭間にて

自衛隊銘菓

前話「萌えよ国防」で、陸上自衛隊広報センターの土産物について取り上げた。その流れを汲んで、今回は広島県の海上自衛隊江田島基地を訪れた際の売店の模様をレポートする。ただし、訪問したのは2007年4月であり、現時点でも同じものが売られている保証...
食い地獄の狭間にて

潜入!激安店『あゆか』

広島県西区己斐本町の住宅地にある、謎の飲食店「あゆか」。このお店の存在は、既に「美貌の盛り」コーナーの「広島における定食事情」にて紹介してあるので、未読の方はまずそちらを読んで欲しい。 290円の格安ランチのお店。 あり...
食い地獄の狭間にて

わし、最近こんなの食べた[2]

最近お薦めなのが、横川駅の近くにある「老四川」というお店。日本人にあまり媚びを売っていない、比較的現地の味を保ち続けていると思われる味で勝負をかけている。そのせいで客足がそれほど多くないのはイタいところだが、ぜひ頑張って欲しいと願っ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました