爆発した芸術を散歩する

爆発した芸術を散歩する

大ニセモノ博覧会 贋造と模倣の文化史@国立歴史民族学博物館

ニセモノを楽しむという観点は、「なんでも鑑定団」で花開いたが、まさか博物館でも展示するとは。 本来、美術館や博物館というのは、必要に応じてレプリカを展示することはあっても、明らかにインチキなものを展示することはない。それが...
爆発した芸術を散歩する

生誕110年 片岡球子@東京国立近代美術館

女性絵画作家の作品ってそういえばあんまり見たことがないな、と思いつつ訪れた展覧会。 描かれている人たちの、不細工さと、でもインパクトが強くて目が釘付けになるっぽさはレオナールフジタ級だ。 もうちょっとかっこよく描いてやれよ...
爆発した芸術を散歩する

コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流@東京国立博物館 表慶館

インパクトある独特のフォントが使われたタイトルロゴ。 しかし、これを見た観客は、「インドのイム」とわざと読み間違えて笑っていた。
スポンサーリンク
爆発した芸術を散歩する

グエルチーノ展@東京国立近代美術館

イタリアのバロック美術の巨匠、「グエルチーノ」の個展。 そういえば、展示作品全部がキリスト教をモチーフにした宗教画だった。
爆発した芸術を散歩する

榎真弓展 ―かどをまがると。―@Arai Associates

錦糸町に新しいアートギャラリーができた、というので行ってきた。 結論から言うと、「久々にびびって、中に入らず退却した」。
爆発した芸術を散歩する

益永梢子 個展「Abstract Butter at HAGISO」@HAGI ART

谷中にある、HAGI ARTでの展示。 毎日、食パンをカンバスがわりにしてバターなどでアートを作る、という作品群。
爆発した芸術を散歩する

山口小夜子 未来を着る人@東京都現代美術館 企画展示室地下2階

東京都現代美術館で何か新しい展示があるときは、できるだけ見に行くようにしている。 今回も、何がなんだかわからずに行ってみた。山口小夜子って誰やねん状態で。
爆発した芸術を散歩する

他人の時間|Time of others@東京都現代美術館 企画展示室1F

アジア/オセアニア地区の若手アーティスト作品を紹介する展示。 こうやって展示されるくらいだから、業界内では有名な方なのだろうが、美術に詳しくない人には全くリーチしていない「無名」の人ばかり。
爆発した芸術を散歩する

TDC展 2015@ギンザ・グラフィック・ギャラリー

国内外3,000点の応募があったTDC展の優秀作品を展示している。 ポスターなどが中心だが、中にはアドビが開発したフォントなど、印刷・デザイン全般に関わる作品が紹介されていた。
爆発した芸術を散歩する

マグリット展@国立新美術館

既にマグリット展を見ている人から、「精神的にやられました。展覧会に行くのは一日に一つ以上は無理です」と言われた。 同僚から、「マグリット展行ってきたよー」とマグリットのポストカードを何枚も見せてもらった。 それくらい、イン...
爆発した芸術を散歩する

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ーアメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから@三菱一号館美術館

1800年代後半の絵画って、一番美しいんじゃないかと思う。 僕の趣味嗜好からいうと、そうだ。 絵画技法としては超絶だとは思うが、ルネッサンス期の宗教画だらけなやつは僕は性にあわない。
タイトルとURLをコピーしました