いいぞォ、山小屋はいいぞォ【仙丈ヶ岳】

11:48
バスはさほどグネグネとうねった道を走ることなく、するすると舗装された道を進んでいく。

道は1車線分だけで、対向車とすれ違う時は待避所を使わなくてはいけない。しかしこの道を通るのは、バスと山小屋関係車両、そして工事車両だけだ。乗り合いタクシーも存在しないので、車の往来よりも道を横切る猿や鹿のほうが多いかもしれない。そんな場所。

前方に何か工事中のゲートが見える。

「ようこそ北沢峠へ!」と書かれた看板の修理を行っているのかな?と思ったが、そうではなさそうだ。

とりあえず写真を撮っておいて、あとで写真を細かく見て分析しようと思ったので撮影しておいた。しかし、あとになって写真を見返しても、やっぱりなんのこっちゃ全然わからなかった。きっとここにETCレーンでも作るのだろう、ということにしておく。

11:54
舗装された道ではなくなり、砂利道へと切り替わった。

すわ、ワイルドなエリアに突撃かと身構えたが、路面はしっかり平らにならされていて、乗り心地は悪くなかった。

南アルプスでダートロードといえば、悪沢岳・赤石岳に登ったときに使ったバスがものすごく揺れた思い出がある。畑薙第一ダムから椹島(さわらじま)の間だ。製紙会社の私有地を走る道路なので、これはしょうがない。

安全な砂利道だけど、それでも「いよいよ大自然の中にダイブしてきたぜ!」という実感があり、テンション上がってくる。

11:55
せっかく上がったテンションですが、ここで残念なお知らせです。

未舗装区間はごく一部で、また舗装道路に戻りました。あれー。

しかしバッキバキに舗装され、ガードレールで囲われているような道ではない。ひび割れが全面を覆い、白っぽくなった古い舗装だ。そして、森の中を走る道。いよいよ、並走していた川は姿を消し、峠に差し掛かったようだ。

木々に囲まれた道を走るでも心地よい空間だ。

ザックを背負った人が歩いているのを数名、見かけた。この木々の先に、甲斐駒ヶ岳の登山口がある。そこに向かっているのだろう。

北沢峠は北に甲斐駒ヶ岳、南に仙丈ヶ岳があって、その狭間に位置している。そのため、北沢峠を起点に、8の字型に2つの山を連続踏破する人が結構いる。なにせ、ここまで山深い北沢峠だ。一度訪れたからには、せっかくだから2つとも登っちゃおう、と思っても不思議じゃない。

僕自身、今回両方登っちゃおうかということは考えた。しかし、縦走ならともかく、一度登った山を下山し、峠まで下って、また次の山に登り直すというのは面倒くさかった。「よっしゃー、下山したぞー、人が住む下界に戻ってきたぞー」という達成感とともに、退却したい。「はあ、今度は向かいの山に登り直しだよ」というのはちょっとしんどい。

・・・というと格好悪いな。まあ、北沢峠を1度でおしまいにするのはもったいないな、ってことで次回にもう一度お楽しみを残しておきたかった、ということにしておこう。

「死ぬまでに日本百名山を全部踏破したい」と思っている僕は、残りの人生と山の数との競争になっている。一度登った山をもう一度登り直すだけの、時間的な余裕はないと思う。あと、金銭的な余裕も。山深いところであればあるだけ、時間もさることながらお金の負担はデカい。たとえばまだ行っていないけれど、北海道の利尻富士なんて、一度行ったら一体どれだけのお金がかかるんだ?海外旅行に行ったほうが、まだ安心かつ廉価、という状況だ。

登山は一期一会。たとえ雨が降って視界が悪かろうが、「登った」という事実があれば、登頂済みということでスタンプラリー押印済みと同じ扱いだ。僕にとっては。「そんなのは、純粋な登山じゃない」と言われても、しょうがない。もし百名山を予定よりも早く完全踏破できたなら、残された人生で、気力と体力、財力が許す範囲で「ベスト・オブ・ベスト日本百名山」としてこれまでで良かった山、または荒天で視界が悪かった山を登り直したいものだ。ただし70歳オーバーだったりするので、体力が許さない山が多くありそうだけれど。

今回仙丈ヶ岳とセットで甲斐駒ヶ岳に登らないことで、「百名山踏破」という点では効率が悪くなった。でもその一方で、「また北沢峠を訪れる理由ができた」と言える。

11:56
バスは道路の両側に建物が立ち並ぶエリアにたどり着いた。

どうやらここが北沢峠らしい。

なんだ、随分賑わっているじゃないか、と思ったが、これは山小屋ではなくバスの待合所だった。建物の中はがらんとしていて、そんなに賑わっている気配はない。

静かな高原の避暑地、といった風情だ。実際は静かな空間だった。

11:57
北沢峠到着。

国土地理院の地図を見ると、峠で一番高い地点は標高2,036メートルとなっている。しかし、山梨県と長野県の県境になる、この「北沢峠」の看板があるところは標高2,032メートルだ。

看板の奥に建物が見える。あれは「北沢峠こもれび山荘」という名前の山小屋で、宿泊が可能(要予約)。場所は長野県に位置している。

北沢峠こもれび山荘(旧長衛荘) | 山小屋
新型コロナウイルス感染防止へ、山小屋開設の可否について伊那市とともに検討を行ってまいりました、登山者の皆様の感染防止・従業員の安全確保などの観点から今シーズンの営業は行わないこととなりました。(南アルプス林道バスも運休) ※避難小屋対応をいたしません、冬季避難エリアも完全閉鎖とします。 来シーズンのご利用をお待ちしてお...

そうか、今僕は長野県に足を踏み入れていたのか。

北沢峠の看板脇で記念撮影をする。

短パンに横縞模様の入った青いタイツ、そして裾を出したシャツ。こうやって写真を見ると、思った以上に胴長短足に見えて残念だ。

やはり、いい年をして短パン&黒くないタイツを履くのは、浮いた感じになる。しかも水色のソックスだし。

もう少し年齢相応な格好した方がいいのかもしれない。でも、年齢相応な格好ってなんだ?

たぶん、駄目なのは便利さを追求するあまり短パンのポケットに色々なものを入れていることだ。ポケットがパンパンになって、足が余計短く見える。

北沢峠総合案内の看板。

この北沢峠周辺には、目の前の「北沢峠こもれび山荘」があり、やや伊那方面に下ったところに「大平(おおだいら)山荘」があり、

南アルプス大平山荘
大平山荘のホームページへ、ようこそ。南ア...

そして先ほど通ってきた山梨県側には峠から500メートルほど戻ったところに「南アルプス市長衛小屋」がある。

長衛小屋 - 山梨県 南アルプス市 -自然と文化が調和した幸せ創造都市-
北沢峠南方500メートル、北沢右岸 標高1,980メートル 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う令和2年度長衛小屋の営業休止について (1) 山小屋の状態 宿泊及びテント場の営業を休止します。冬期仕様の状態です。 (2) 管理人の常駐 管理人の常駐はありません。 (3)南アルプス市営各山小屋ページ 北岳山荘

どの山小屋も要予約で、「思い付きで北沢峠に来ちゃいました」という人を暖かく迎え入れてはくれない。場所が場所だけに、さすがにそういう人はいないはずだけど。

南アルプス北沢峠周辺案内図

甲斐駒ヶ岳2,967メートルと仙丈ケ岳3,033メートルが紹介されている。

今回宿泊の予約を入れている「馬ノ背ヒュッテ」は、北沢峠からぐるっと周回できる仙丈ヶ岳登山ルートで、反時計回りで進んだ山の中腹にある。

今日は太平山荘を経由して川を遡上して馬ノ背ヒュッテを目指す。 そこで一泊して、翌日仙丈小屋を通って仙丈ケ岳登頂、そして小仙丈ヶ岳2,855メートルを経由して北沢峠に戻る。

馬ノ背ヒュッテからさほど遠くないところに、「藪沢小屋」という山小屋も存在している。夏の間は管理人がいるということだが、素泊まりであり避難小屋的な位置づけらしい。なので、今回は選択肢に入れなかった。

山頂に立つ、ということも楽しいけれど、それと同じくらい山小屋内を探検し、夕食に思いを巡らせるのが好きだ。だから、ちゃんと食事も出る小屋がいい。

この看板によると、北沢峠から仙丈ヶ岳までの所要時間は約4時間30分だった。なんだ案外近いじゃないか、と思うが、山というのは往復で成り立つものだ。行きっぱなしというのは、逝きっぱなしということだ。帰りの時間も考えたら、北沢峠前泊で日帰りは可能だけれど、東京早朝発で日帰り、というのは相当キツい。

北沢峠から仙丈ヶ岳まで、標高差は1,001メートル。それなりのボリュームだ。

北沢峠の両側に、立派なバスの待合所が並ぶ。両方ともまだ比較的新しい。

ひとつずつ見ていこう。まずは、仙丈ヶ岳がある南側。

待合所の前にあるバス停。

「北沢峠 南アルプス林道バス」と書かれている。

先ほど僕が乗ってきたバスは「南アルプス市営バス」なので、 バスの運行会社が違うことがわかる。これは、長野県の伊那市側の南アルプス林道を走るバスだ。

バスやタクシーの場合、県をまたいで乗客を乗せた營業はルール上できない。どうせ登山専用路線の南アルプス林道なんだから、山梨県側も長野県も一気通貫で運行すればいいのに、と思う。でも、きっちり県境で会社が分かれている。

なんだか、山中で「ここが日本海側と太平洋側の分水嶺です」という看板を見た時以上に、驚きと興奮を覚える。こんなの、人間が勝手に決めただけのルールなのに。

この北沢峠から出発するバスは1日に5便、朝7時20分からスタートして最終便が16時。 おっ、広河原に行く便よりも多いぞ。

行き先は、「仙流荘」が4便、「戸台口」が1便になっている。どっちの地名も、「は?どこですかそれは?」という無名の場所だ。今この文章を書いている最中、ようやく調べてようやく理解した。

なるほど、仙流荘というのは宿の名前だ。北沢峠から西に南アルプス林道を進み、下っていった先にある。バスの目的地になるほどすごいランドマークというわけではなく、単にすぐ近くに林道バス用の駐車場スペースとバス操車場スペースがあったから、この名前が使われていると思う。たぶん。

戸台口というのはさらに下界におりたところで、国道152号線にある。

汎用性でいったら戸台口のほうが便利で、北沢峠までできるだけ接近した場所が仙流荘、というわけだ。

どっち行きのバスに乗れば行き帰りが便利なのかというと、どっちもどっちっぽい。なにしろ、まだまだ山深い場所だからだ。

仙流荘から先、バスを乗り継いで高遠に一旦出て、そこから更にバスでJR飯田線の伊那市駅へ。これでようやく下界に戻ってきた感がある。

伊那市から先は、鉄道を乗り継いで東京という手もあるけれど、多くの場合は高速バスに乗ることになるだろう。ここまでくればしめたもので、1時間に1本の頻度で運行されている。新宿までの所要時間は3時間半。

・・・結局、いずれにせよ北沢峠というのは遠くて時間がかかる。お金だってかかる。今回の僕は、ぐるっと伊那まで大回りはしないで、甲府~広河原経由での北沢峠往復を選んでいる。

登山用の夜行バスに乗れば、早朝に仙流荘に到着することは可能だ。そうすれば、05:30の始発バスに乗って、06:25北沢峠到着となる。

待合室入り口の扉には、「ベンチについている番号順にお並びください」という紙が貼ってある。何のことだろう。

中に入って覗き込んでみると、待合室の中には長椅子が並べられていて、ご丁寧にそのベンチには番号札がつけられていた。

どうやら長いバスの待ち時間中、席外しをしていて乗車順が分からなくなるのを防ぐためなのだろう。気が利いている。

基本的に、 山の世界では性善説でものを考える。

例えばバスの待合所に平気でザックを転がしておく。ザックの中身が盗まれるのではないか?なんて心配は、あまりしない。

もちろん盗まれないように心配する人もいるが、「どうせ盗られても汚れた衣類やゴミだし」と開き直っている人も多い。

そんなわけで、当分の間ザックを置き去りにしてその場を不在にする、なんてことは全然珍しくないことだ。

南アルプス林道バスの待合所の中で、 身支度をする登山客。次のバスが13:10なので、あと1時間以上時間がある。 その間ここで待つことになる。

今朝、甲斐駒ケ岳または仙丈ケ岳を登頂して降りてきた人達なのだろう。

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました