いいぞォ、山小屋はいいぞォ【仙丈ヶ岳】

12:47
霧が出てきた。雨は本格的ではないけれど、降ったりやんだりの状態。

もともと湿度の高い場所なのだろう、登山道脇に目をやると、苔が倒木を覆い尽くしていた。

南アルプスの山奥深くへ来た、という実感を感じる。

まだ広河原あたりだと、「山にドライブにやってきました」というお気楽感ある景色だけど、ここらへんまでくるとガチな山歩き感が出てくる。

このあたりは、車道に沿って歩く。

峠からスタートして、車道を歩くということは、今まさに標高を下げているということにほかならない。なぜなら、峠っていうのはそこがひとまず車道における標高のピークになるからだ。

登山のはずなのに、まずは下山からスタート。うっかり分岐を見落として、そのまま高遠の方におりてしまわないようにしないと。

12:48
車道の片隅に、「太平山荘」と書かれた看板が出ていた。おまたせしました、ここからいよいよ本格的な登山道になるようだ。車道との旅はこれでお別れだ。

良かった、分岐を見落として延々と下山を続ける羽目にならなくて済んだ。

この大平山荘の看板、名前の表示のすぐ下に「完全予約制」と書かれているのが 特徴的だ。まるで「会員制の飲食店」みたいな感じで、すごくハイソ感がある・・・ことはないか。

予約がない人が、完全予約制であることを知らずに当日飛び込みで「泊めてくれ」と言ってくることはどれくらいあるのだろうか?でもここだったら、「車道はすぐそこだし、バスに乗って下界にお帰りなさい」ということができる。宿泊を断ったらその人が死ぬ、なんてことはたぶんない。

バスの便がもうないんです、というなら、じゃあ北沢峠の待合所で一晩過ごして下さい、カップ麺くらいなら売り物がありますんでそれで腹ごしらえをしてね、と言うこともできそうだ。

太平山荘の矢印の他に、

「藪沢・重幸新道」「大平・馬の背」という看板と、「大平山荘まで約5分」という木の札が打ち付けてあった。

しかし、太平山荘へ下っていく登山道の脇には、 別の張り紙も貼ってあった。

太平山荘は本年度の宿泊業務の都合によって行なっていませんので、泊まることができません。予めご了承願います。管理人

と書いてあった。あらら、そうなのか。

「宿泊をやっていない」ということは、逆に言うとそれ以外の營業はやっていて、軽食の提供くらいはやっているのかもしれない。

車道から逸れ、坂道を下って行く。

さあこれから標高3,000メートルオーバーを目指していくぞ、と気合が入っているのに、どんどん標高が下がる一方だ。これは大変にざんねん。

12:51
濃霧に包まれて、 植物は生き生きとしてる。

しかし人間様である僕は、登山早々から湿度ほぼ100%の状況で蒸す。気温が高くないのは、幸いだ。これが真夏だったら、うっとおしい天気だ。

12:54
あれー、また車道に出てきた。おいおい、どんどん標高を下げるやら、車道と並走するやら、いつになったら登山が開始になるんだ。

そんな車道のすぐ脇に、太平山荘がひっそりと佇んでいた。

きれいに整備されているけれど、人の気配があるのかどうか、わからない。營業をやっているのだろうか?

軒先に登山客が一人休憩している。でも、それ以外は人の気配がない。玄関は扉が閉められ、中の様子が伺えない。山小屋だから当たり前だけど、窓から室内の光が漏れている気配もない。

建物脇に、通りすがりの登山客向けの売店がある。窓に小さなカウンターをせり出しただけのかんたんな作りで、バンダナが壁面に飾られている。おそらく、ちょっとした飲み物とかオリジナルグッズを売っているのだろう。

太平山荘の裏手には、 たくさんの プロパンガスのボンベが並んでいた。車道から近いので、こういうことができる。普通、山小屋でプロパンガスは使わない。

大平山荘のwebサイトをあとになって確認してみた。まず、「おおひらさんそう」ではなく「おおだいらさんそう」と読むことに驚愕。知らなかった。ずっと「おおひら」と呼んでたよ。

そして、この山小屋、1日のタイムテーブルが結構独特だ。

夕食:16時~16時半ころ

まあこれは、わからなくない。宿泊客が多いけど食堂が狭い山小屋の場合、早い回の食事に回された人はこんな時間から夕食が始まることがある。だとしても、「あなた、16時に夕食ね」と言われると、ちょっと途方にくれる。おやつみたいな時間だ。

でもご安心ください。寝る時間も早い。

消灯:19時

マジですか。21時とか21時半を消灯時間とする山小屋が多い中で、19時ってすごい。NHKで7時のニュースがまだはじまってすらいない時間だ。

じゃあ、さぞや翌朝は早いんだろう。だって、ここは登山口にあたる場所だ。ここから仙丈ヶ岳などの山頂を目指すんだから、早寝して早立ちする人が多いんだろう。・・・と思ったら、

朝食:6時

普通の山小屋よりも遅い朝食時間だった。ひょっとしたら、ここの小屋の人は毎日下界から車で通勤しているんじゃないかと思ってしまうくらいだ。

もっとも、早立ちする人が多いことを見越して、朝食を弁当にするということは可能だ。お弁当は前日夜のうちに配られる筈なので、朝6時まで待っている必要はない。

どっちにせよ、バスの始発は北沢峠発で仙流荘行きが07:20、広河原行きが07:25(土日祝の場合)だ。「あとはもう帰るだけ」という人は、やることがないからのんびりとした朝食で十分となる。

12:56
さていよいよ、ここからが本格的な仙丈ケ岳登山になる。

タイムスタンプの意味も込めてここで1枚記念写真を撮っておく。

そうこうしているうちに、車道の方からバスのエンジン音が聞こえてきた。13:10に北沢峠発となる仙流荘行きのバスが、下界から上ってきたのだろう。

おっと、本当にバスがやってきた。

そして、山荘の目の前にバス停があるんだな。ここで下車する登山者が何人もいた。

この人達は間違いなくこれから仙丈ヶ岳を目指す。そして、そのほぼ全員が僕と同じ馬ノ背ヒュッテに泊まることになる。仙丈小屋まで行くのは自分の体力と自然環境を過信しすぎだ。

そうか、あの人たちと今晩は寝床の争奪戦を繰り広げるのか。ちょっとしたライバル心を燃やす。

完全予約制の山小屋なんだから、今更「あっやばい、人が増えた!寝床がまた狭くなる!」なんてハラハラする必要はない。もう既に、今晩の運命は定まっているのだから。

同じ山を目指す仲間同士、仲良く登りましょう楽しく枕を並べましょう、という広い心が持てればいい。でも、どうしても「狭い寝床を争うライバル」という見え方になってしまう。我ながら心が狭いのぅ。

いずれにせよ、自分が歩いている前後周辺に別の登山客がいるというのは嫌なものだ。「追いつかれたら嫌だ」とか、「相手が休んでいる間に追い抜いて、こっちが休んでいる間に追い抜かれてを繰り返して、なんか気まずい」とかいろいろあるからだ。ペースが乱れる。

あの人たちに追いつかれないように、早く先に進もう。

さて、雑念ゾーンはここまで。ここからはひたすら、修行僧のように無心で、山に向き合っていこう。

(つづく)

コメント



タイトルとURLをコピーしました