千葉県

千葉県に関する話題。

胃袋至上主義

おちこんだりもしたけれど、魚はげんきです。【ばんや:2020年03月】

「ばんや」に今シーズンも行ってみることにした。過去何度目だろうか、もう数えきれない。でもこれでも僕は少ないと思っていて、本来なら四半期ごとに訪問(=年間4回)したいと思っているくらいだ。 その気になればいつでも行ける気が...
胃袋至上主義宣言

保田漁港・ばんやの魅力

千葉県の房総半島に、「保田漁港」という小さな漁港がある。普通、館山方面に観光に行く場合素通りされてしまう場所なのだが、ここには漁港直営の「魚食普及食堂・ばんや」というすごい食堂があるのであった。その「ばんや」のすばらしさを、たくさんの写真...
爆発した芸術を散歩する

ジョゼ・デ・ギマランイス展~アフリカは魅了する~@市原湖畔美術館

市原湖畔美術館は以前から訪れてみたい場所だった。今回仲間からの誘いがあってはじめての訪問となった。 ポルトガルを代表する現代美術家だということだけど、展示されている作品は全然良いと思わなかった。どういう作品なのか、コメントす...
スポンサーリンク
胃袋至上主義

歴史が動いた・紙メニューのばんや【ばんや冬の陣2018】

2018年12月22日(土) 別にこの時期でなくちゃいけないわけじゃないのだけど、今年も12月に「ばんやでお魚を食べまくるオフ会」を開催した。 「3名以上の参加表明があれば開催」ということで募集をかけてみたのだけど、「たぶん集...
お知らせ

【オフ会】ばんや冬の陣2018(2018.12.22)

やりたいこと 今年も、房総半島の「ばんや」で魚食普及活動にいそしみたいと思っています。 ずらーっと壁一面に掲示されているお魚メニューに圧倒され、そしてテーブルに届けられた魚のボリュームにまた圧倒される。なんだ我々はずっと圧倒...
胃袋至上主義

変わりゆくばんや、変わらないばんや【2017年12月】

毎年一回、最近は12月に開催されることが多い「ばんや」訪問。2017年も12月にオフ会として開催された。 本当は、年四回、春夏秋冬それぞれに訪問したいところ。しかし、さすがにそこまでストイックにばんやのお魚を追い続けてく...
お知らせ

【オフ会】ばんや冬の陣2017(2017.12.09)

今年も、冬の魚貝祭り!「ばんや冬の陣」を開催します。 漁協直営、「魚食普及食堂」を名乗る「ばんや」で海の恵みを一年分補充しよう! 日時 12月9日(土)開催が決定しました! 時間については参加希望者が決まってからの調整ですが...
食い地獄の狭間にて

朝からガッつけ、松戸南部市場

首都圏の「市場」といえば、築地が真っ先に思い浮かぶ。他にちょっと詳しい人なら、足立、太田といった名前が出てくるだろう。しかし、実はこういう公設市場は食品流通の要であり、結構あっちこっちにあったりするものだ。 松戸南部市場もそう...
思考回路のリボ払い

成田までお風呂に入りに行く

大和の湯。 成田市郊外にある日帰り入浴施設。 田んぼを見渡す場所にぽつんと建っている。
胃袋至上主義

ばんやのメニューと5人の対決【2016年12月】

「ばんや」。 千葉県安房郡鋸南町にある、東京湾に面した保田漁港。そこにある、漁協直営食堂。歴史自体は結構古く、僕自身も2002年から通っている。当時はまだインターネットの口コミが貧弱だったこともあり、知名度はさほど高くなかった。しか...
爆発した芸術を散歩する

流山本町まちなかミュージアム

ミュージアム、というけど、キッコーマンの工場の壁面に白みりんの歴史について記述がある程度だった。 観光ガイド本に釣られて来たけど、いざ来てみると途方にくれる。
タイトルとURLをコピーしました