交通機関、使いませんか?【筑波山リターン】

2015年は全く山に足を向けることがなかった。温泉療養ひとり旅シリーズがすっかり気に入ってしまい、癒しのために毎月のように温泉旅行に出かけていたからだ。くりゃんくりゃんに体をほぐす。それこそ自分にとってのジャスティスであり、ストレス社会を生き抜く延命措置だった。

登山?いや、もちろんやりたいけど、なんとなくそんな気になれない一年だった。引っ越しがあったため、シーズンである夏の間はバタバタしていたし。

しかしやっぱりそれじゃいかんと思う今日この頃。特にそう思ったのは、正月早々のイベントだった。駅伝大会にエントリーし、3kmを走ることになったのだ。人不足の穴埋めとして出走したのだが、もちろん僕は走ることはからきし苦手だ。3kmをノンストップで走ったことなんて、人生で一度もないくらいだ。

ジョギングシューズを買っただけで、練習を一回たりともしないまま本番当日。結果、案外普通のタイムでタスキをつなぐことができ、すっかりご満悦のおかでんであった。人生チョロいもんよ、と。しかし、2日後に右足くるぶしを腫らしてしまい、その後2日間家の玄関から出ることすらままならなくなり会社を欠勤。舐めたらアカン、ってことだ。そりゃそうだ。

そんな己の肉体の限界を知ったからではないが、2016年こそまた山に登ろうと思う。「おかでんは多趣味の人」とよく言われるが、実は案外趣味の幅は狭い。その狭い中で一番の核となる趣味の「登山」をないがしろにしてはいかんと思うのです。登らないと。そして、登るためには鍛えないと。いきなり高い山に行くなんてのは、無理だ。

そういうことを、会社のトイレでおしっこをしながら考える日々。トイレは窓に面しているのだけど、その窓からは関東平野、そしてその遥か先に山が見えた。てっきり赤城山だと思っていたのだが、それにしては形が違う気がする。そもそも、近すぎる気がする。どこだろう?と思って股間をゴソゴソしていて気が付いた。ああ、あれって筑波山じゃねぇか、と。凝視すると、ネコ耳型の二つの山頂が確認できた。あれは筑波山の特徴だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください