まるでお寺!神秘的な宿に泊まる【新鹿沢温泉】

草笛

13:43
「ふるさとの草笛」というお店でお昼ご飯を食べた。

本来なら、「蕎麦喰い人種行動観察」にレポートが載っていないといけないんだけど、うっかり書き漏らしてしまったようだ。記録が残っていない。

もりそば

くるみ蕎麦。これがノーマルサイズ(930円)なのか、中盛(+300円)なのかは覚えていない。大盛(+450円)は頼んでいないはずだ。

草笛、といえば小諸にあるお店が有名だけど、ここはどうなのだろう?蕎麦が盛られている桶のような器は、小諸の草笛と似ている。

このお店の特徴は、雷電為右衛門のふるさと・東御市ということもあって、「為右衛門そば」という大盛りメニューが存在することだ。肉やら天ぷらやらがてんこ盛りの蕎麦で、横綱が3,000円、サイズ違いで大関、小結というのがある(2015年当時の価格。現在は値上がりしている)。

巨大昆虫

草笛のお店のすぐ隣に、「蜂天国」というのがあった。

入館料、無料・・・と書いてあって、駐車場入口には巨大な蜂の像が立っている。正直、気持ち悪い。

蜂天国

無料だし、どうしようかな・・・と思って立ち尽くしていたら、通りすがりの見知らぬおっちゃんが「ここはやめたほうがいいよ!」と一言僕らに告げて、立ち去っていった。

なんだなんだ?

単なる「昼からお酒を飲んで酔っ払ったおっちゃん」なのか、それとも本当にここはやめたほうがいいのか、よくわからない。

でも、その一言がきっかけで、僕らは中に入るのをやめた。

ぐったりする黒犬

熱さでぐったりするレトリバー犬。

ご主人様が草笛で蕎麦を手繰って涼を得ている間、この犬は車に繋がれてひたすら待機だ。なにしろ、黒い毛の色なので直射日光は相当こたえるだろう。日陰の地べたに横たわり、ひたすら耐え忍んでいた。

ハローアニマル

15:18
この旅最後の立ち寄り地は、「ハローアニマル」という施設。

名前は動物園のようだ。まあ、間違ってはいないのだけど、正式名称は「長野県動物愛護センター」。

ハローアニマル

トイレが猫型でかわいい。

飼い主さんを募集しています

つまりは、保護された犬や猫を中心とした施設。

野良だったり、飼い主による虐待による保護だったり、飼い主がいなくなったり、いろいろな事情で保護せざるをえなかった動物がここにいる。

観光ガイドにも載っている場所で、ガイドにはさも「ふれあい動物園」であるかのような書き方がされているものもあるが、そこまで愉快なバックボーンではない。

施設の趣旨としては、動物とふれあうことで動物愛護精神を養って欲しい、というものだ。保護されている猫の譲渡も、行われている。

ハローアニマル

結構立派な施設。

ハローアニマル

檻の中に犬がいたりする。

猫

猫もいる。

気のせいかもしれないが、保護された動物たちは心なしか顔つきが怖い気がする。どういう経緯でここに連れてこられたのだろう?

ハローアニマル

オチがないけれど、そんなわけでこの旅は終わり。

それにしても、鹿澤館の神秘的な空間は圧倒的だった。すごいものを見た、という記憶がしっかりと植え付けられた。ああいう宿が、まだまだ日本にはあちこちにあるのだろう。いずれ、そういうのを巡ってみたいものだ。

(この項おわり)



タイトルとURLをコピーしました