戦場の癒やしは温泉【日光湯元キャンプ・戦場ヶ原縦走】

いしとの関係が急速に深まっていった2019年。「ご近所のメシ食べ歩き仲間」という関係性から4月に我が家に出入りするようになってからが全力疾走だった。7月に初めての二人の旅行として上高地キャンプ。今思うと、初回の旅行で上高地、しかもキャンプってなんなんだと思う。

あわせて読みたい
戦場の癒やしは温泉【日光湯元キャンプ・戦場ヶ原縦走】 いしとの関係が急速に深まっていった2019年。「ご近所のメシ食べ歩き仲間」という関係性から4月に我が家に出入りするようになってからが全力疾走だった。7月に初めての...

でも、そういうのに「いいですね!」と気さくに応じてくれる人だからこそ、僕のような癖のある人間でも受け入れてくれたのだろう。なにせ男子校出身で44歳まで既婚歴なし、ともなれば、僕のことを知らない人でも「ああ、癖が強い人?」って思うだろう。

上高地のあと、海の日三連休で僕の実家に行き、両親に「結婚するつもりだ」と報告している。僕の母親なんてウッキウキで、いつまでも結婚しなかった次男坊がついに結婚!ひょっとして生きている間に新しく孫が見られるかも!?と大喜びだ。

でも、そんな楽しいフレンチレストランでのお食事会(のちに、そのレストランで挙式した)の最後に、冷や汗をダラダラかいているいしが「実は・・・」と切り出した。

「来年、アフリカに行く予定になっています。2年」

ここで我々両親、ズコーとずっこけた。特に母親は天から地に叩きつけられたような凹みっぷり。そう、僕らは「結婚はするけれど、その半年後にはいしは2年間アフリカ赴任でその間はほぼ会えない」ということを言い出したのだ。孫?当然、最短3年後、いや、赴任まであと1年近くあるから、実質最短4年後か。そりゃあ、お母さんはがっかりする。それなりに高齢なので、自分の寿命を思わず指折り計算してしまっただろう。

今回の旅行は、そんなやりとりがあった2週間後の出来事。

相変わらず、いしは多忙を極めている。夜勤もある・土日勤務も当たり前なシフト勤務の仕事なため、どこかに旅行するとなると1ヶ月半前には僕といしとの間で日程調整が合意されていないといけない。僕は僕で、カレンダー通りに忙しい。平日二連休というのはちょっと取得しづらかった。

なので、今回8月頭に1泊旅行、というのはまだ親に結婚予告をする前に決めたことだ。ちなみに、この段階ではいし側の両親にはご挨拶に伺っていない。お盆の時期にご実家に顔を出すという段取りになっている。

「まず、女性側の実家に挨拶をして、結婚の了承を取り付けるのがスジだろう?」

なんて言う人がいたけど、それはもう古い考えだ。男女平等のご時世、どっちが先でもいいと思う。というか、まず「パートナーがアフリカに行っちゃうけど結婚するわー」ということについておかでん家側を納得させないとまずい。いし側ご実家の了解を先に取り付けて、「後日報告」的な扱いにすると、おかでん家側が「そんな話は聞いていない。勝手に決めるな」とつむじを曲げる可能性がある。情報を出す順番には気を遣った。

一方で、いしが僕との「ほぼ同棲」関係を「完全に同棲」に切り替えるための算段はどんどん進んでいた。

どうせいしが来年アフリカ赴任となるなら、今の住まいは退去することになる。聞くと、寮住まいで月5万円の支払いなんだという。だったら、どうせいずれ結婚するんだし、今でも事実上同棲しているんだし、とっとと寮を引き払っておかでん邸に移住すればいい。どうせ、交通費は勤務先から支給されるんだし、早く移住すればするだけ、寮費が浮く。結婚まで待つ必要なんてない。・・・そんな論理だ。

そんなわけで、今回記事にする1泊旅行が終わった次の日、つまり2019年8月5日にいしは僕の家に正式に引っ越ししている。実際に住民票が移ったのはさすがにいしのご両親に挨拶を済ませた後の半月後になるけれど。とにかく超特急だ。

超特急といえば、彼女の引っ越しもすごかった。赤帽みたいな個人商店的運送会社をどこかから見つけてきて、2トントラック1台、1万円ちょっとのお支払いで引っ越ししてきちゃった。聞くと、殆どの荷物を捨ててきたのだという。これもいしならではの割り切りの良い性格だ。

おかでん邸には、歯ブラシをはじめあらゆるものが既に用意されているから、というのも理由のひとつだ。僕は「我が家に泊まりにきていただくからには、あらゆる不自由や居心地の悪さはないようにしたい」と心底願っていた。そのため、寝間着だって勝手に買って押入れに入れておく有様だ。傍から見るとキモいかもしれないけど、いしはこういう必要以上の気配りを「重たい」と感じないキャラだったので、僕と馬があったのだろう。

2019年08月03日(土)

今回もキャンプだ。

やっぱりキャンプは楽しい。これまで、「温泉旅館の畳の部屋で、ゴロンとするのは至極」と思っていたしその気持ちは今でも変わっていない。しかし、より非日常感のアドレナリンを体感するなら、キャンプの方が勝る気がする。

あと、とにかくお安く済むのが嬉しい。やっぱね、40歳も半ばに差し掛かってくると、そろそろ自分の生涯賃金とか老後の生活とかがチラチラ気になってきはじめるんですよ。昔なら、バーンと気ままに散財できたけど、今この歳になるとためらいがある。大丈夫かな?と頭の中で計算してしまう。ましてやこれから結婚を控えているともなりゃあ、なおさらだ。

とはいえ、これまでのように上高地でテント生活、というのは移動にも飲食にもお金がかかる。軽装でキャンプできる気楽さがあるけれど、毎度毎度上高地というのはやめておきたい。

ならば、ということで、上高地キャンプの残り香が漂っているうちに、もうちょっと利便性が劣る場所でキャンプをやってみよう。そうすることで、「あ、この装備がないとキャンプ生活に不自由するな」とか、「これは持参しなくてよかったな」というさじ加減がわかる。

昔のアワレみ隊みたいに、マイカーを持ってます、車の後部トランクには常時オートキャンプ用品が積まれています、という状況とは違う。今は登山装備を前提とした、軽量コンパクト小規模な装備でのキャンプだ。余計なものはできるだけ持っていかないし、そもそもオートキャンプ時代の装備品はほぼ現存していない。

なので、今回は「足りないものがあったらあったらでしゃーない。次回の参考にしよう」という位置づけのキャンプだ。

場所はどこにしようかと思ったけど、以前からトライしてみたかった日光湯元キャンプ場に決めた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください