負傷しながらの下山【苗場山】

9月。登山の2018年シーズンはそろそろ終わりが近づいてきている。もちろん、山なんてのは四季折々に登れるし、シーズンなんて言い出すのが無粋なのはわかっている。でも、「百名山ピークハンター」という蔑称をあえて自虐的に使うくらいの登山しかしない僕にとって、10月に入る前が駆け込み需要の時期になる。

10月に入ると、標高が高い山は軒並み凍結が始まる。山小屋は次々に営業を終了し、行ける場所が限られてくる。そもそも、登山口までバスでアプローチする山の場合は、肝心のバスが夏しか運行していないことがある。

日光白根山を一緒に登ったまゆみさん・相方さんのご夫婦と、「今年もう一発、やっときますかぁ!?」という話をしてきた。日光白根山の余韻冷めやらぬ頃から、だ。こういうのはテンションが高いうちに、次の計画を立て始めるに限る。

あわせて読みたい
負傷しながらの下山【苗場山】 9月。登山の2018年シーズンはそろそろ終わりが近づいてきている。もちろん、山なんてのは四季折々に登れるし、シーズンなんて言い出すのが無粋なのはわかっている。でも...

せっかく仲間と登るのだから、関東近郊の近場の百名山は勿体ない。一泊を必要とする、それなりに遠方で、ボリューム感のある山にしたい。

かといって、2泊以上の山は選択肢になかった。というのは、まゆみ・相方さんご夫婦には飼い猫がいて、猫が寂しがるので外泊は1泊が限界なんだそうだ。それでも、1日留守にして帰宅すると猫はしばらくご機嫌が悪いというのだから、かわいい。

だったら、石川県の白山・・・ということを考えたが、山小屋の予約が取れそうになかったのでやめにした。この神聖な山はご来光を山から眺めるのが好まれ、山小屋泊が一般的だ。

指宿温泉一泊の開聞岳(鹿児島県)はどうだろうか?・・・なんてことも考えた。朝に成田からジェットスターで鹿児島に向かい、そこからレンタカーで指宿に行って一泊。次の日は開聞岳に登って、そのまま鹿児島空港に向かって成田、という流れだ。「えっ、鹿児島県?」とびっくりするけれど、案外素早くアプローチできるし、費用もLCCのジェットスターならばびっくりするような金額にはならない。

そんなことも考えていて、結局決心したのは「苗場山」だった。新潟県と長野県の県境にある、日本百名山の一つ。標高2,145メートル。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください