食い地獄の狭間にて

内臓肉の恐怖

みの、はつ、しびれ、ぎあら、うるて、はちのす・・・。 内臓肉の名称は、非常にわかりにくい。1回聞いても、すぐに忘れてしまう。いまだに、はちのすが牛の何番目の胃袋だったか覚えていない。3番目だったっけ?4番目だったっけ? ※後で調...
食い地獄の狭間にて

兄貴、アンタ男だよ!

この三連休、ちょうど真ん中の日に会社関係で人手が必要となったために、ノコノコと三軒茶屋まで出かけてきた。この動員のために三連休に遠出ができなかったわけであり、なんだかとっても損をした気分だ。 しかし、探せば他にも同様の境地の人はいるモ...
食い地獄の狭間にて

氷結「白桃」試飲

先日、キリンビールの某営業部長から「ぜひおかでんさんに試飲してもらいたい新商品があるんですよ、お時間頂けませんか?」と電話がかかってきた。勤務時間中に職場にかかってきた電話なので、「まいったなあ、仕事中なのに試飲だって。酔っぱらって仕事にな...
スポンサーリンク
食い地獄の狭間にて

短期集中連載:あさりバターへの道

おかでんは現在労働組合の執行委員という立場で、あれこれ怪しい動きを会社内で展開しているのだが、そのうち重要な仕事の一つがレクリエーション企画の幹事だ。凝り性なので、旅のしおりをDTPソフトでがちがちに作って、レク参加者に配布しているが、これ...
食い地獄の狭間にて

ビールぐいぐい実況中継

11月13日 23:14 今日は趣向を変えて、生放送状態で更新していこうと思ってます。文章を書きながら、どんどん掲載していきます。 今まで、ICレコーダーでその状況を録音しておいて、ネタ執筆時にリアルにそのときの状況を再現するという...
食い地獄の狭間にて

手のひら返し

(前回からの続き) でも、市場は敏感だ。きっと、これからますます牛肉に対する偏見で消費は落ち込むだろう。 すでに、吉野家では280円に値下げした頃の勢いはどこへ行ってしまったのか、お客がすっかり少なくなってしまった。280円で狂...
食い地獄の狭間にて

焼肉はなぜエロいのか

先日、狂牛病と松阪牛100円引きを天秤にかけて、結局100円引きのハンバーグを買ってしまった主婦の話を笑い話にしたのを覚えているだろうか。 あれから時間が立っているにもかかわらず、状況は全く改善の兆しをみせようとしない。ますます牛肉業...
食い地獄の狭間にて

ああ愛しの肉骨粉

肉骨粉。 今もっとも熱い視線を集めている粉末。 今までその存在すらしらなかったぞ肉骨粉。 「にくぼねこ」じゃないんだなニクコップン。 名前がかわいいじゃねえか肉骨粉。 世が世なら、子供向けアニメの名前にだってな...
食い地獄の狭間にて

未完の逆襲

PART1ではお見苦しいところをお見せしました。見苦しさから逃亡したいこのキモチを満面の帆に受けて、帆船おかでん丸は大海原を突撃してまいる所存であります。 教訓として、気力体力が伴っていない時に「本ネタ」の前振り文章を書くと、大抵自爆...
タイトルとURLをコピーしました