食い地獄の狭間にて

食い地獄の狭間にて

ビールを片手に給食を

「タイムスリップ給食展」・・・じゃなかった、「タイムスリップ昭和展」で「なつかしの給食」を食べて以来、何だかとっても給食づいてしまったわたくし。別に大して美味いもんじゃねーなー、と当たり前な事を再認識したわけだが、何だかとっても気に...
食い地獄の狭間にて

ラッキーピエロ

ラッキーピエロ、という函館限定のハンバーガーショップがある。 決して広くはない函館市街に10店舗を数えるというから、結構な密集度合いだ。地元にすっかり定着したお店なのだろう。その特徴は、その他チェーン展開をしているハンバーガー...
食い地獄の狭間にて

どじょっこ

同じ大学の後輩と、月イチペースでいろいろなお店に出向いて飲食をしている。「その季節の旬、を食べる」というテーマを課しているのだが、特に厳密な運用はされていない。「ちょっと飲みにいこうぜ」程度のひらめきでは行かないようなお店、をあえて選ぶ、と...
スポンサーリンク
食い地獄の狭間にて

メニューのない焼肉屋

驚いた。 お店にメニューがない。お客はただ、店員のなすがまま。 そんな焼肉屋に行って来た。同僚の奥さんが行きつけのお店らしく、同僚に連れられて訪れた。「料理はもう、お任せ。なすがまま。でも肉がとてもおいしいんだよ」と同僚...
食い地獄の狭間にて

トウフガーデン

京都を訪れた際、「お昼ご飯はどこにする?」と問われたので「豆腐が食べたい」と答えた。以前京都で食べた豆腐は、偶然か必然かものすごくおいしかったからだ。京都の豆腐は美味い・・・そういう印象が強かったので、「京都でお昼ご飯」を決めなけれ...
食い地獄の狭間にて

末げん食わぬは男の恥

新橋の雑踏の中に、鳥割烹「末げん」というお店がある。ニュー新橋ビルの隣だから、文句なしの新橋ワールド(行ったことがある人ならわかると思う、あの独特の胡散臭さ)全開地区だ。 「割烹」という名前がつくだけあって、お値段は相当によろ...
食い地獄の狭間にて

タイムスリップ給食

新宿タカシマヤの10階催事場で、「タイムスリップ昭和展-EXPO'70とその時代-」というイベントが開催されているという話を聞きつけて、行ってみることにした。最近、だらけた生活を送っているので、こういうイベントにはどんどん強引に首を...
食い地獄の狭間にて

フランスは林檎の味

キリンビールとの関係は続いていて、今でも新製品が出る際には1月ほど前には届けて頂いている。ありがたい限りだ。で、そこで「僕は他の人より早く新製品が飲めるんだぞ、どうだどうだ」と威張っているだけじゃ意味がない。できるだけいろんな人に勧めてみた...
食い地獄の狭間にて

オクトーバーフェスト!

音楽プラザライオン、というお店が銀座七丁目にある。銀座ライオン銀座七丁目店といえば、その重厚でクラシックな内装が有名なビアホールだ。この建物の5階にあるのが、音楽プラザライオンだ。 お店の特徴としては、音楽を楽しみながらビール...
食い地獄の狭間にて

マーベラス!

栃木県は茂木市にある「ツインリングもてぎ」に行ってきた。ここは、オーバル型(トラックコース型)のサーキットを中心に、ホンダミュージアムやセーフティドライビング教室がある総合施設だ。 ちょうど、サーキットコースではFJ1600と...
食い地獄の狭間にて

内臓肉の恐怖

みの、はつ、しびれ、ぎあら、うるて、はちのす・・・。 内臓肉の名称は、非常にわかりにくい。1回聞いても、すぐに忘れてしまう。いまだに、はちのすが牛の何番目の胃袋だったか覚えていない。3番目だったっけ?4番目だったっけ? ※後で調...
食い地獄の狭間にて

兄貴、アンタ男だよ!

この三連休、ちょうど真ん中の日に会社関係で人手が必要となったために、ノコノコと三軒茶屋まで出かけてきた。この動員のために三連休に遠出ができなかったわけであり、なんだかとっても損をした気分だ。 しかし、探せば他にも同様の境地の人はいるモ...
食い地獄の狭間にて

氷結「白桃」試飲

先日、キリンビールの某営業部長から「ぜひおかでんさんに試飲してもらいたい新商品があるんですよ、お時間頂けませんか?」と電話がかかってきた。勤務時間中に職場にかかってきた電話なので、「まいったなあ、仕事中なのに試飲だって。酔っぱらって仕事にな...
タイトルとURLをコピーしました