食い倒れるのか遭難か【陣場山⇒高尾山縦走】

縦走路

11:05
いかん、陣馬山山頂でのんびりしすぎた。1時間も過ごしてしまった。計画では20分の滞在予定だったのに。

まさか山頂に3軒も茶店があるとは思っていなかったから、これはもう不可抗力だ。まさか、「茶店でメシ食っていたので遅れました」ということになるとは。

バス停から山頂までの行程を随分短縮できたので、遅れたといってもまだリカバリーは可能。今のところ、10分遅れで再スタートだ。

とはいえ、ここから長い縦走路の始まりだ。高低差は大してないけれど、水平移動がとにかく長い。10分の遅れがどこまでリカバリできることやら。うかうかしていると、本当に日没になってしまう。

縦走路

縦走路に入る。

関東ふれあいの道、という名前がついているらしい。通りすがりの人にタッチしたりしても良いのだろうか。いや、それはやめておけ。たとえ相手がおばさまであったとしても。

もっとも、「すれ違う」ということは、この縦走路においてあまりなかった。僕と同じで、陣馬山から高尾山を目指す人の方が圧倒的に多いらしい。

ここから先、明王峠まで1.8km、次のピークとなる景信山まで5.6km。山歩きでこの距離はそこそこ長い。

縦走路

11:08
ううむ、と唸りたくなるような、気持ちの良い道だ。

山の稜線を伝ってどんどん山を移っていく「縦走」は、時には細かったり険しい尾根を移動しなければならない。しかしこの稜線のなんともおだやかなことよ。尾根自体も広いし、登山道も広々している。軍隊が行進できるくらいの道幅だ。

そして木漏れ日が明るい、足取りがつい軽くなる道だ。これはいい。

縦走路

11:11
杉が生えているあたりはさすがに薄暗くなるけれど、それでもこの程度。

広葉樹の落ち葉がクッションとなっている道は、とても歩きやすい。

縦走路

11:17
どうだ写真を撮りまくっているぞ。それだけ余裕がある、ということだ。

何しろ、歩きやすい道に加えて下り坂だ。つづら折れでもないし、急でもない。ゆるゆると下っていくというのが、一番快適だよな。

まあ、峠まで下りきったら今度はまた登りがあるのだけれど。

でも今回ばかりは、「位置エネルギーを返せ!峠なんて無けりゃいいんだ!オレは山頂だけを歩きたい!」なんてことは言わない。これだけ歩きやすい道なんだ、文句を言ったらバチが当たる。

稜線歩きの中には、アホみたいに馬鹿正直に稜線ど真ん中に登山道があり、細かくアップダウンをさせられることがある。地味に疲労が蓄積していくパターンなのだけど、この陣馬山からの縦走路にはそれがない。「本当にこんなのでいいの?」と思えるくらい、歩きやすい。

縦走路

11:28
おっと、何やら標識が見えてきた。

分岐

奈良子峠。

だいたいここで標高は740メートルくらいだろうか。なので、陣馬山の山頂から100メートルくらいは下ってきたことになる。

とはいっても、あまり「峠」という感じはしない。ここから先、立て続けに「明王峠」「底沢峠」がやってくるし。

奈良子峠から北に稜線を逸れると、陣馬高原下のバス停に戻ることができる。また、南に下山すると、藤野駅方面に向かうことができ、途中に「陣馬の湯」という入浴施設がある。陣馬山に登ることだけを目標にする場合、ここから下山してお風呂に入って帰る、というのも楽しいだろう。

縦走路

11:29
普通、「峠」と名が付く場所を通り抜けたら、登り返しがあって「きっつぅー」とあえぐものだが、見てよこの登山道。全然平気だぞ。1/25,000地図の等高線を確認したら、だいたい20メートルほど標高を上げ、そこから10メートル標高を下げて次の明王峠に到着するようだ。ああ、なんて楽なんだ。

人が見える

11:35
前方に人だかりが見える。明王峠だ。

明王峠は、明るく太陽光が降り注ぐ場所だった。

分岐

11:36
明王峠。

ここからも陣馬高原下バス停に下山できるし、南に向かえばJR中央本線の相模湖駅にも行ける。それなりに距離があるけれど、バスなんかには頼らないぜ!という人にはちょうど良いルート。

縦走路は、次の底沢峠まで500メートル。相変わらず、近い。

茶店

11:36
なぜこの明王峠に人だかりができているのか。「下山するか、前へ進むか」で躊躇している人たち、というわけではない。ここには茶店の建物があるので、なんとなく登山客がその周辺で休憩をしているのだった。

男ならわかると思うが、立ちションをする際に何もないところじゃやりづらいのと一緒。木とか壁とか、そういうものがないと。それと一緒・・・かな?たぶん。

茶店は、誰もいなかった。看板には「茶 明王峠 屋」と書かれてるのが読み取れる。

僕の事前情報収集でも、この茶店はやっているのかやっていないのか、よくわからなかった。情報が錯綜しているからだ。でも少なくとも、今日はやっていなかった。

一切営業をしていない、というわけではなさそうだ。廃墟にしては小綺麗だからだ。しかも、雨戸もなにも設置していないノーガードっぷりがすごすぎる。これは、時々営業している証拠・・・なのだろうか?

いや、でも今日みたいな土曜日に営業しないで、一体いつ営業するというのか。夏の間だけ?だとしても、秋から春にかけてずっとこの「開けっぱなしの、野ざらし」というのはちょっと考えにくい。謎だ。

メニューの札が掲げられていたので確認すると、

みそ汁、けんちん汁、うどん、峠まんじゅう、酒ワンカップ、ビール、チューハイ、ペットボトル、ジュース、ホットコーヒー

が売られている(た?)ようだ。

店内はがらんどう。食材とか飲み物を、全部下界に下ろしてしまっているようだ。「ちょっとすいません、今日は用事があったのでお休みなんです」という雰囲気ではない。やっぱり、謎だ。

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました