オカ・デウス

オカ・デウス

紙風船も時期尚早だった

父親として、現時点でもっとも嬉しいと感じるのはタケが一人遊びをすることだろう。 親の手が掛からない、という利己的な理由だけじゃない。それだけ夢中になれるコンテンツを親が用意できた、ということに対する喜びと、タケが何かに夢中になってい...
オカ・デウス

クマ太郎

正月、僕らと入れ違いになる日程で兄貴が姪を連れて帰省してきた。コロナ対策もあって、分散帰省だ。 小学校低学年の姪は、これまでゼロ歳児の弊息子と遊ぶよりも「おじちゃん」である僕と遊ぶことを優先してきた。しかし弊息子もハイハイができるま...
オカ・デウス

大の字になって寝る

そういえば、弊息子に限った話ではなく、赤ちゃんというのはバンザイした状態で寝ているものだ。 生まれたての頃は、もっと腕をすぼめていたと思うけど、だんだんと腕が広がってきた。今では大の字に近い格好で寝ている。
オカ・デウス

断髪式

生まれたての赤ん坊でも髪の毛がフサフサな子がいれば、ほとんどハゲている子もいるという。 我が子はほぼハゲだった。この差はなんなのだろう。遺伝子によるものなのか、胎内での栄養状態なのか、それとも別の要因があるのか。
オカ・デウス

「眼福」という概念

職場の同僚(女性)から、 「子供が小さいうちは、思いっきり親の好みで好きな服を着せればいいのよ!」 と言われた。
オカ・デウス

リモコン大好きなのでパソコン

どの子供もそうだが、弊息子もご多分にもれずリモコンをいじりたがる。 リビングの机の上にリモコンを置いていたらすぐに取られるので、ソファの座面に置くようになった。しかしこれも、つかまり立ちができるようになったタケにあっという間...
オカ・デウス

ジョイントマットにまつわる話

子育てにおいて、ジクソーパズル状のジョイント・クッションマットはほぼ必需品だと思う。フローリングの家だけでなく、畳の家だったとしても子供が畳を汚さないように敷いておくと便利だ。 子供がドスドス飛び跳ねて、マンションの下の階にご迷惑を...
オカ・デウス

ケーブルを巡る攻防

日々探検範囲拡大中の弊子息が、ついにリビングからもっとも遠い仕事部屋兼寝室までやってきた。 電動昇降式デスクまわりはケーブルがいっぱい。 「引っ張り放題エリア」だとタケは大興奮だが、こちらは「待って!ちょっ...
オカ・デウス

子供に破壊される前に

はいはい、伝い歩きができるようになってきた弊息子は、ロボット掃除機並に家のレイアウトを急速に記憶していった。親の後追いで、あちこちの部屋に出没するようになった。 身長が70センチ程度しかないし、普段ははいはいなので見えている高さは床...
オカ・デウス

左足躍動感

9ヶ月時点の弊息子は、赤ちゃんの余韻を残しつつ「幼児」の体型に変化しつつある。 身長・体重の増加もさることながら、手足が伸びた。明らかに体型が変わってきた。
オカ・デウス

ゆず湯に困惑

弊息子をお風呂に入れるのは毎日僕がやっている。 そのせいで、乳児にあるまじき熱い風呂に彼は早い段階から親しんでいる。僕が、熱いお湯にザブっと入ってサッパリした気分になりたいからだ。給湯器の設定温度は44度。でもたぶん、お湯が...
オカ・デウス

迂回路を作る

弊息子がRSウイルスにやられて一週間ほど保育園を休んだ際、昼間の間子供の面倒を一手に担わないといけない僕は慌てて買ったものがある。 ベビーサークル。 「必死の看病」という発想にならず、「ひとまず弊息子が家中あちこち...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました