日帰りで行くアメリカ旅行6【ヨコスカフレンドシップデー2018】

三笠公園

12:16
基地を脱出する。

6回目にして、過去最短の退却時間となった。今回、9時半に横須賀中央駅に集合して、基地に入ったのが10時過ぎ。つまり、2時間ちょっとしか基地には滞在しなかったことになる。

「ひとまず、横須賀基地は最終回だから!まだ見ていないところを隅々まで見よう、食べていないものがあったら食べよう、兵隊さんたちともコミュニケーションを取ろう!」

という高いモチベーションなんてどこにもなかった。今になって思い返せば。ちなみに今は涼しいエアコンが効いた部屋でこの文章を書いているのだけど、人間って楽な環境にいると余裕をぶっこく生き物だ。

本当なら、「これまで果たせなかった、『夜まで滞在して、基地から花火大会を鑑賞して帰る』という事を今回はやろう!」という提案をすべきだったのだろう。しかし、そういう「自分を苦しめる系」の企画にむしろワクワクする僕ならともかく、他の仲間がこれに賛同するとは到底思えなかった。冗談でも口にした瞬間に、「どうぞお一人で」と言われ、このオフ会自体がご破算になっていたと思う。

面白いもので、「横須賀最終回!」という事を決めて、「やり残したことがあったらこの際やっておこう」という話題になった際、案として出たのが「横須賀市街にある焼き鳥屋で焼き鳥を食べる」というものだった。基地でやり残したこと、ということに思いが至らないところが我ながら不思議だ。

で、その結果、「この後焼き鳥を食べるんだし」ということで、基地内であれこれ食べ歩くことが控えられてしまうという有様。ピザを買わなかったのも、「焼き鳥屋で邪魔になってしまうから」という考えがチラリと頭をよぎったからだ。

三笠公園の、入場待ち客向けのカラーコーンは殆ど使われていなかった。1列だけ、行列が並んでいた程度だ。

売店

三笠公園脇の公園事務所のところに、屋台が出ていた。聞くと、「よこすか海軍カレーパン」なるものを売っているのだそうだ。

「横須賀のカレー」というのはご当地グルメとして知られているけど、当然カレーパンがあってもおかしくはない。「第一回日本全国ご当地パン祭り」で1位を取ったのだとか。へー。

買ってみたけど、そのまま家に持って帰ってしまった。もう、はなから「その場で食べる」という気がない。一体どうしちまったんだ。これはもう、焼き鳥のせいじゃない。単に暑いからだ。食欲が全然ない。

セブンイレブン

横須賀中央駅方面に向かって歩いていると、セブンイレブン店頭でジュースを大量に売っていた。焼きそばなどの軽食も準備中。

これはおそらく、基地客向けではなく、花火客向けなのだろう。

路地

12:36
横須賀中央駅の近く、路地裏に目指す「相模屋」という焼き鳥屋はあるらしい。スマホの地図を見ながら、お店を目指す。途中、「えっ、マジでこの道?」というような狭い道を歩くことになり、若干びびる。

昼間っからやっている焼き鳥屋、というだけでも面白いのだけど、どうやらこのお店は「気軽に立ち飲み立ち食いできるスタイルの焼き鳥屋」らしい。

相模屋

えっ?

前方に人だかりがいる、と思ったら、どうやらあれが目指す「相模屋」らしい。

マジか。

昼12時過ぎ、しかもクッソ暑い日だというのに焼き鳥屋に人だかりができていることにびっくりだし、こんな路地裏に焼き鳥屋が店を開いていることにびっくりだし、どうやら客の並びを整理するためらしいポールが路地の真ん中に立っているというのもびっくりだ。

それだけお客さんが来る、ということだ。実際に今、このようにたくさんお客さん、来てるし。

相模屋

いやー、想像と違ってたわ。

てっきり、「角打ち」と呼ばれるような、酒屋の片隅で酒が飲めます的な店だと思ってたのよ、僕。

コンクリートのたたきがあって、簡易なテーブルがあって、そこで立って飲みつつ焼き鳥が食べられる、みたいな。

でもこれ、マジで外で食べる店じゃん。

テイクアウトの焼き鳥屋の軒先で、おっちゃんたちが焼き鳥をモリモリ食っとる。なんだこのカオス。

いや、おっちゃんだけじゃない。若いお姉さんたちも嬉しそうにやってきたぞ。ひええ。

さすがにこれにはひるんだ。

いや、僕もおっさんの端くれとして、店頭で立って焼き鳥を食べるのは構わない。しかし、こうも暑いと、エアコンが効いた室内じゃないとキツいっすわ。もっと楽させて欲しいっすわ。

よく見ると、どうやら「立ち食い客向けスペース(?)」の脇に、イートイン客向けの客席があるようだった。こっちにしよう、こっちに。

しかし、中を覗くとまだやっていない様子。うーん。

相模屋

別の入口があったのでそこから覗き込んでみると、店内では既にお酒を召し上がってイイカンジの人たちがいた。あ、12時過ぎでも営業しているんだな。良かった、じゃあ店内で焼き鳥を食べよう。

えっ?それだと、単なる「焼き鳥屋で昼酒を飲むだけ」じゃないか、って?言われてみればそうだ。

本来、この相模屋を愉しむんなら、店頭で立ち食いなのだろう。でもこの時は全くそういうことに思いが至らなかった。なにせ暑いもんで。

(つづく)



タイトルとURLをコピーしました