疲れ果てて雪国【那須湯本】

ハンバーガー

13:11
ハンバーガー到着。ポテトとドリンク付き。

「値段が高い」としり込みしているくせに、セットメニューを頼んでるんじゃねぇよデブ。

いやだって、ハンバーガーだけ食べて帰るというわけにもいくまい?

なんだか、「温泉療養に行ったら、太って帰ってきた」ということになる予感ぷんぷん。きっとそうなる。宿メシしこたま食べて、お昼がこれなんだもん。温泉に入って汗をかいたくらいではどうにもならん。

「健康を取り戻したので、いくぶんふっくらしました」

といえるのはストレスで痩せている人の言葉だ。デブがますます肉付きがよくなったら、それは単なる「飼育」にすぎぬ。

ハンバーガー

HUTTEハンバーガー!

だるま落としゲームをやってもいいぞ、と思えるくらい高く積みあがっている。こうなると、もう「ハンバーガー」としての意味ってよくわかんねぇな。「手で押しつぶされること前提」の食べ物というのはちょっぴり切ない。

まあそれをいったら、ロッテのアイス「クーリッシュ」なんて、握りつぶされ、ひねり出されることを前提とした野蛮な食べ物(飲み物??)だ。見目美しく食べるだけが食事の喜びではない、というこっちゃ。

どうせ最後は便となって排出するわけだし。

おい待て!それを言ったら身も蓋もないぞ。

スマホと比較

デカさ比較のためにスマホを並べてみた。だからなんなんだ、という感じではある。スマホ自体が大きいもの小さいものさまざまなので、比較対象としてはいまいち。

那須牛使用

ミートの形は無骨。マクドナルドのように工業品といった感じではなく、無骨だ。その上にオニオン、トマト、レタス。レタスなんてもう、おもわず「布団圧縮袋に入れてぇぇぇぇ」と思ってしまう。

がっつく

そんなわけで、がぶーとかじりついてもうまくかじれんのですよ。

「僕は体格が大きいほうだから」と余裕で、握りつぶさないままかじってみたけどうまくいかなかった。

渋い顔になる

で、ほとんどかじれないやら、その割には普段使わない角度まで顎関節が広がるやらで、渋い顔をしているおかでん。決してこのハンバーガーが不味いからではない。「うほぅ」という表情だ。

肉断面

100%ミートなので断面はこれ。豚肉ではないので、わざとらしいような肉汁ドバーということはさすがにない。A5ランクであっても。でも、豚にはないしっかりした味わいはさすが牛肉。うまいのぅ。癒されるのぅ。財布は癒されなかったけど、やっぱりお金を払えばそれなりのものが食べられるのぅ。

必死の形相

せっかくのハンバーガーだけど、おすすめにしたがって握りつぶしつつ食べる。目が遠くを見ていて、必死さが伺える。

レシート

本日のお昼ごはん代、1,880円。

うひゃー、ちょっと贅沢しちゃった。おとなしく部屋に戻ってまた療養に戻ろう。でも、随分良い気分転換ができた。朝晩が和食だったので、お昼にあえて洋食というのは良いものだ。



タイトルとURLをコピーしました