混沌の温泉場【万座温泉日進館】

ステージ設営済み

フロント前のロビーでは、赤いカーテンやらマイク、譜面台といったものが並べられていた。どうやら、19:55から始まるショーの準備らしい。

あっ、よく見ると天井からはミラーボールがぶら下がっているぞ!

毎日開催するんだから、もう常設会場を作っちゃえばいいのに、と思うけどダメなんすかね。どこか空いている宴会場を使ったりして。

椅子が並ぶ

やっぱり人の往来が多いロビーでやってこそ、人が集まる・・・ということだろうか。食堂のすぐそばなので、食事終わりのお客さんが立ち寄るだろうし、売店の売上げだって上がるかもしれない。

でもなんといっても、お客さんの目的の大半は「無料宿泊券が欲しい」ということなんだろうけど。

場所取り禁止の注意書き

ひえー。「おひねり花」という名目で、席の予約を承っているのか。やるなぁ。お値段、1,000円。

でも、歳がいっている方の場合、小一時間立ちっぱなしはつらいだろう。最後の抽選会まで見届けるならば、1,000円払っても良い・・・のかもしれない。それがイヤなら、自分で折りたたみ椅子を持参するか。

最後まで居残ると、ひょっとすると無料宿泊券が当たるかもしれないぞ!疲れた足腰は後で温泉で治せ!気合いで最後まで残れー!

お土産

売店では、日進館グッズがあれこれ売られていた。商売熱心だ。

「万座の湯」という入浴剤が売られていたり、「万座温泉水マスク」なるものまで売っている。保湿効果が期待できるのだろうか?万座温泉のお湯はかなり匂いがするはずだが、どうなっとるんや!?

ジュース類

さすがに山奥なので、飲み物の値段が高いのはしょうがない。

500mlペットボトルの飲み物が、210円。なにしろ、ここから下界に下っても、まだ嬬恋だ。そこからさらにどんどん下らないと、都会にはたどり着かない。

山小屋がそうであるように、ゴミが出たら全部それは下界に下ろさないといけない。都会とは訳が違う。

なんなら、ペットボトルは逆デポジット制にしても良いのかもしれない。ごみ箱に捨てたら、プラス20円いただきます、持ち帰るなら、そのお金はいりません、と。

・・・ダメだな、ごみ箱に捨てないで、どこかにペットボトルを隠されておしまいだ。

ゆけむり館連絡通路

本館から湯けむり館に繋がる連絡通路部分を歩く。

レンタルスキー

レンタルスキーの部屋があった。近くにスキー場があるので、その客向けだ。

板、ブーツ、ストックの3点セットで1日レンタル料金は3,500円。最近スキーをやっていないので、これが高いのか安いのか、よくわからない。

滑りまくって、そのあと名湯に浸かる。最高じゃないか!と思うが、もうその後はすぐに寝るだろうな。万座のお湯は威力が強いので、長湯するとかなり疲弊する。

ビール自販機

旅館やホテルにおける、ビール価格をチェックする癖は未だに抜けきっていない。

日進館の場合、350ml缶は350円という「1ml=1円」相場で、500ml缶は450円だった。ロング缶の方が少しお得。

ペットボトルジュースが210円であることを考えると、ビールの値段設定は良心的。

シオンの泉

「なんだこれは?」と一瞬びっくりする「シオンの泉」と書かれた扉。

シオン、というのはキリスト教の関連用語だ。エルサレムの土地の名前だったっけ。プロテスタント系の施設や団体名によく使われている印象がある。

どうやら、ここはチャペルになっているらしい。

ななかまど

いっぽうこちらは、「ななかまど」という広間。

「直行バスプラン休憩室」と書いてある。

この巨大温泉ホテルは、東京とホテルを往復する直行バスを運行しているのだけど、その時間待ちのお客さんがここで待機するのだろう。それにしても、一軒の宿が単独で直行バスを運行できるのだから、すごいことだ。

行き止まり

探検を進める。

階段の先は、扉が閉まっていて、よくわからない。

こういうのって、ワクワクするよな。

雪かき用具

廊下の手すり脇に、斜めに立てかけられた長い木の棒があった。

そこには「ツララ落とし」と書いてある。なるほど、軒先のツララも溶けて落ちてくると危ない。お客さんに何かあってはまずいので、職員さんがこの棒でツララをたたき落としているのだろう。お疲れ様です。

使われていない階段

使われていないと思われる階段。館内図には描かれていないエリアも、まだこの建物にはある。

湯けむり館

探検しつつゆけむり館に戻る。それにしても遠い。

極楽湯へは通行止め

あれ。

湯けむり館の突き当たりに、「極楽湯への道は使えない」という張り紙がしてあった。危険のため立ち入り禁止、だって。

直線距離では近い場所にある露天風呂なのに、このルートが断たれたので、正面玄関経由で風呂に入りにいかないといけなくなった。片道10分コースだな、これだと。

扉が閉まっていた

露天風呂極楽湯、と描かれたパネルに白い紙が貼ってある。

「危険 立入禁止」の文字も見える。

一体、どれだけデンジェラスなんだ?熊に襲われるとか?

(つづく)

タイトルとURLをコピーしました