いいぞォ、山小屋はいいぞォ【仙丈ヶ岳】

06:55
山頂で一息つきながら、栄養補給をする。

山頂で何かを口にする、というのは大変大事なことだ。お腹が空いていなくても、なにか食べたほうがいい。理想は、ガスストーブを取り出して、お湯を沸かすことだ。

山の単独行だと、つい「間が保たない」からどんどん先へ先へと行ってしまう。山頂もそう。

記念写真を撮る、周囲を見渡す、息を整える・・・さて、行こうか、ってなってしまう。

山のてっぺん、というのはこの旅の目標だ。当たり前だけど、ここを目指してたくさんの時間とお金、そして体力を使ってたどり着いている。なので、一時間でも二時間でもこの空間を満喫するといい。

でも、山頂についた瞬間に、すでに次の目標が気になってしまうのだった。それは、帰り道のことであり、帰りのバスや電車の時間であり、家にたどり着く時間のことだったりする。

小学校のとき、「家に帰るまでが遠足です。」と学校の先生に言われたものだ。それを思い出す。登山だってそうで、山頂についたら終わりというわけではない。

かといって、山頂というのは案外居心地が悪いものだ。遮るものがなくカンカン照りだし、次から次へと下界から人が登ってきて、同じような行動パターンで「わー」と盛り上がっている。ずっと居られる場所じゃない。

そんな貴方のために。下界からノンアルコールビール、「ドライゼロ」の500 ml缶を持ち込んでいた。 へっへっへ、このあたりは抜かりがないですぜ。

呆れたことに昨晩の山小屋では、小屋で買った350ml の缶を飲んで、今ここでは下界から持って上がった500ml缶を飲む。我ながらバカバカしい。

では、ぐーっと。

よっしゃああああああ。山頂だぜええええええ。

喉に流し込まれる達成感。そう、僕はノンアルコールビールという飲み物を飲んでいるのではない。500グラムの液体とともに標高3,033メートルのジャーニーをやってきた実績を飲んでいるのだ。

そして、これまでは「私と、缶」という別々の関係性だったのが、こうして飲み込むことにより、血肉として一体化する。素晴らしい。

・・・とはいえ、やっぱり「だからなんなんだ?」という感じはする。やっぱり、アルコールじゃないから。

ぬるいノンアルコールビールは、大してうまいもんじゃない。烏龍茶を飲むよりも水を飲むよりも、はるかに風情はあるけれど、でも微妙な飲み物ではある。

これがもしキンキンに冷えていたらどうか?・・・きっと、エクセレントな飲み物になっていたと思う。いやそれでもまだ駄目だ、揺れているので開栓時に泡が吹き出る。ならば、ジンバルみたいに揺れを防止できる装置とセットなら?・・・最高以外の何ものでもない。

問題は、どうやって「コンパクトかつ揺れを防止しつつ、24時間以上ガッツリ保冷がきく冷蔵庫」を用意するか、だ。冷蔵庫といえば大げさだけど、350ml缶1本だけでも冷やせればいいんだよな。何か手がないものかな。ソーラーパネルで発電して駆動するとか。

07:11
完全に一息ついたところで、下山を開始する。

日差しが強くなってきたのでサングラスを着用して。

大仙丈ヶ岳は目の前まで迫ってきて、ちょっと寄り道すればすぐに行けそうに見える。

往復30分あれば行けるだろうか。

大仙丈ヶ岳、標高2,975メートル。なかなか侮れない標高だ。

一生のうち、またここを訪れる機会は少ない。さて、どうしようか。

しばらく分岐のところで悩んだ末、やめにした。特に見える景色がかわるわけでもなさそうだからだ。

小仙丈ヶ岳の方に向かう。

仙丈ヶ岳を登頂した人の中には、大仙丈ヶ岳もついでに登る人がある程度いるようだ。

カールの縁に沿ってぐるっと回り込んでいく。

眼下にはスプーンでえぐったかのように見事なカール。

そしてそのカールの底に仙丈小屋が見える。

07:27
名残惜しくて、山頂を振り向いたところ。

先程よりも、山頂にいる人の数が増えてきた。僕よりも一足遅く馬ノ背ヒュッテから出発した人たちが、ぼちぼち山頂に到着したらしい。

07:20
小仙丈ヶ岳に向かっていく道。カールの縁を歩く。

左側(西側)は絶景。

07:22
もう一回山頂振り向いたところ。

そろそろ山頂が見えなくなる。山頂には大して滞在しなかったけど、往生際が悪くなんども振り返る。

山頂というのは、山のてっぺんで満喫するものじゃなく、「山頂直前の場所」からちょっとだけの仰角で見上げる、くらいがちょうどいいのかもしれない。

07:24
歩いているところを見下ろす。

カールよりさらに標高を下げたところが見える。

よく見ると、山腹に小さな小屋が見える。あ、あれが馬ノ背ヒュッテか。あんなところから登ってきたんだな。

馬ノ背ヒュッテから山頂への道、馬ノ背分岐があった。「なんでこんな歩きやすい稜線を『馬ノ背』と呼ぶのだろう?」と不思議だったけど、こうやって上から見下ろすと納得だ。稜線がだんだん標高を下げていくにつれ、尾根が細くなってラクダの背中みたいにボコボコしているのが見える。きっと、あの辺りは右も左も切り立っているのだろう。

カメラをデジタルズームにして小屋を拡大撮影。

あ、たしかに馬ノ背ヒュッテだ。

大自然の中にぽつんと建っているので、物置小屋か、百葉箱かと思える。

なんでこんな場所に唐突に作ったのだろう?と、不思議に思える立地だが、おそらく沢の水を汲み上げることを考えてこの場所になったのだろう。

「見晴らしが良いところに建てればイケてるでしょ?」

なんて言えないのが、山小屋の事情だ。「見晴らしが良い」とは、水場が近くにないことを指すし、風雨に晒されて建物が劣化しやすい場所ともいえる。

(つづく)

コメント



タイトルとURLをコピーしました