車道国内最高地点を目指せ!レンタサイクルでヒルクライム【乗鞍岳】(その1~8)

2019年10月14日(月) 2日目

07:44
2日目朝。

このサイトにおける旅行記で、ここまであっけなく1日目の話が終わって2日目に飛ぶのは珍しい。それだけ、1日目は渋滞に巻き込まれていただけだった、ということだ。

渋滞中の車内で馬鹿話をしていれば話題にできるけど、夜勤明けのいしは助手席で熟睡、僕はひたすらハンドル操作だ。会話もなければ写真も撮っていない。というわけで、潔く2日目。おはようございます。

朝風呂に入って、朝7時半に朝食。

もういっそのこと、朝ごはんの写真を上から撮影しなくて良いんじゃないか?という気になってきている。これまでは、メニューの写真でも撮る気か?というくらい、斜め上から宿料理の写真を撮影していた。でも、料理の写真を撮ってどうするんだという気が最近してきている。

昔は、「食事の記録こそが旅の記憶だ」と思っていたんだけどな。考えが変わってきた。

たぶん、生涯の伴侶ができたので「体験の共有」が「記録すること、PCのフォルダにきれいに写真を並べること」ではなくなってきたのだろう。

こうやって昔ながらの「人間の目線で俯瞰した料理写真」も撮ってみたけど、一度このアングルを疑いだしたら、写真を見ても「だからなんなんだ」感がある。

いや、この宿のご飯は美味しかったですよ?撮るに値しない、というわけじゃない。ただ単に、無条件に「料理を食べるなら写真を撮る」必要はないな、と思えてきたという話だ。

おそらくそれは、Instagramなどで凝ったアングルの料理写真を撮る人が増えたからだと思う。スマホによって人々は様々な写真を撮るようになった。自撮り写真なんてその典型例だけど、僕が密かに気になっているのが料理写真だ。スマホで撮るからこそのローアングルだとか、ピンチインで拡大して撮影するので超至近距離から撮っているような構図だったり。

そういうのを見てしまうと、斜め45度くらいから料理全体を見おろしている写真、というのはなんとも間が抜けたものに見えてしまう。

08:09
そんなことはどうでもよくって、食後のデザートとコーヒーをいただく。

外はまだ雨が本降りになっていないけど、朝霧とは言い難いやや小雨チックなものが降っている。うーん、微妙。

まあ、微妙なら決行するんですけどね。今更引き下がれない。

途中で「こりゃアカン」となったら、そこでUターンすればいい。自転車だからこそ、しゅーっと下山できる。注意が必要なのは、身体が冷えて体力が消耗しきってから下山の決断をすると、自転車を下り坂でコントロールしそこねることだ。ギブアップするなら、心持ちや早めに判断しよう。

08:37
チェックアウトを早々に済ませ、車に荷物を詰める。

レンタカーの後ろには、キャンプ用品がいっぱいだ。今回は上高地のキャンプと違って、オートキャンプに近いことをやるつもりだった。なので、かれこれ10年は使っていないであろう大型のLEDランタンとか、あれこれ持参している。

なのに渋滞に巻き込まれるとはなぁ。予想外だなぁ。

今晩もあわよくばキャンプを、と思っているのだけど、天気次第だろう。どうもこの乗鞍高原界隈、台風一過とは言えないようで天気がすぐれない。雨だけじゃなく、風も若干ある。

乗鞍高原の中心地ともいえる場所にある、「乗鞍観光センター」にやってきた。

08:57
乗鞍岳の肩、標高2,700メートルの畳平に向かうならここからバスに乗っていくことになる。白いアルピコ交通のバスが停車している。

昔は畳平まで自家用車で行けたんだから、今思うとずいぶん物騒な時代だ。そんなに道幅は広くなかったし、畳平界隈は路駐だらけだった。当然排ガスも大量に撒き散らしたことだろう。

それが今じゃ、パーク&ライドだ。

僕らも、バスには乗らないけど自転車に乗り換えるのでパーク&ライドという点では一緒。

バスの時刻表を見てみる。朝7時からだいたい1時間に1本で、15時が終バス。朝9時台だけ、1時間に2本の便が出ている。

15時終バスってやたら早いと思うが、じゃあ16時ころに畳平に付いて、その後どうすんのよ問題がある。なので、これ以上遅い時間のバスは必要ないことになる。

時刻表をしげしげと眺めている僕に、バスの運転手さんは「お乗りになりますか?」と聞いてきた。あ、いや、違うんです。単に興味があるだけなんです。

僕らはバスじゃなくって自転車なんでー、とは言わなかった。だって、途中でへこたれてリタイアしたら格好つかないじゃないですか。

そもそも、いしどころか僕でさえ、自転車でヒルクライムの経験はない。せいぜい、奥多摩駅から奥多摩湖までを自転車で登ったくらいだ。

なので、今日はものすごくあっけなく「ギブ!」と宣言しちゃうかもしれない。なにしろ、諦めてUターンしたら、そこから楽ちんなダウンヒルだ。誘惑は大きい。

乗鞍観光センター周辺の地図。

僕らが今朝まで泊まっていた宿は地図上ではもっと右のところにあって載っていない。

実はレンタサイクル、乗鞍高原界隈では何か所か借りる場所がある。しかし、僕らは「ノーススターアウトドアアドベンチャー」という施設で借りることをすでに決めていた。というのは、ここが一番長い時間レンタルを受け付けてくれるからだ。

おそらく、レンタサイクルをする人の殆どが乗鞍高原の林の中を走り回ることを目的にしているのだろう。僕らみたいに畳平までよじ登ろうとする人は少ないようだ。その結果、「朝から晩まで自転車を貸してくれる」施設が少ない。

まあ、そりゃそうだ。だって標高差1,250メートルを自転車で登るなんてもの好きは、自分でロードレーサータイプの自転車を持ち込むだろう。

そんな「乗鞍岳をヒルクライム」という若干無茶な企画を提案したいしには感謝している。僕なら、到底思いつかないアイディアだからだ。歳とともに、「やらない・できない理由」をグダグダ並べることが増えた気がする。そんな僕に活力を与えてくれるのが、年の差があるいしの存在だ。なにせ、アフリカに赴任するとか言い出す人間だから。

08:59
乗鞍観光センター。

バスターミナル、お土産物店、飲食店、そして現地情報を教えてくれる市営の複合施設だ。

僕らが訪れた2019年にはまだなかったけど、その後この施設では「e-Bike」と呼ばれる電動アシスト付きスポーツ自転車のレンタルが始まったようだ。いいなぁ、電動アシストがあればヒルクライムが劇的に楽になる。

e-Bikeレンタル – 中部山岳国立公園 松本市乗鞍観光センター

ただ、記事を読んでみるとレンタル料は1日8,000円なんだそうだ。プラス保険料500円。温泉宿に一泊二食付きで泊まれそうな値段になる。アクティビティとしては他では得難いものなので払う価値はあると思う。でも、先立つモノとしてお金がないとどうにもならない。そんなお値段。

乗鞍高原の地図。

現在地の乗鞍高原観光センターが標高1,450メートル。

ここからつづら折れの一本道になり、畳平標高2,700メートルまで続いていく。

途中、休暇村があって、山小屋2つがある。

僕がはるか昔、この「へべれけ紀行」コーナーができる前に乗鞍岳を登頂した際は、何の躊躇もなく畳平から山頂を目指した。一方で、乗鞍高原を起点として、途中の山小屋を経由しながら山頂を目指す人もいる。すげえガッツだ。

じゃあ、乗鞍高原からスタートするんじゃなくて、麓の松本市街地、それが大げさならアルピコ交通上高地線の終着駅、新島々駅から歩くのが正しいんじゃないか?と思うけど、そんなことを指摘するのは無粋ってもんだ。それを言い出すと、僕らが自転車で畳平を目指すこと自体が馬鹿げている。

天気予報が刑事されていた。

乗鞍高原と乗鞍岳山頂付近の天気と気温が併記されている。

これを見ると、両方とも曇・雨の札が下がっていた。やっぱり今日は覚悟を決めて突撃しないとだめだな、物見遊山気分じゃ怪我をする。「標高が高くなれば雲を抜けて晴れる」なんてことはない、というわけだ。

なお、山頂と乗鞍高原との間は、だいたい気温が5度~7度違うようだ。今日、山頂付近は3度だって!これは寒い!まあ、僕らは山頂よりも300m低いところが目的地なので、もう少し気温は高いはずだけど。

(つづく)

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました