飲んで、食って、走って。【のっとれ!松代城2015】

さらしものエリア

10:10
第二関門の「騎馬止め」から会場の脇を通り、第四関門の「砦越え」へ。その間の平地は、第三関門の「堀越え」として、そりに乗って自分の両手をバタバタ使って移動しなければならない。

ピラミッド状の段差

砦越え。5段構えになっている。段差の高さは、腰から胸にかけてくらいだ。なんだ、それくらいだったら余裕・・・と思うかもしれないが、なにしろ雪を固めたものだ。滑る。特に何百人とよじ登った後ともなれば、手頃な場所はつるんつるんに削り固まってしまう。既に上にいる人と協力しあって、引っ張り上げてもらうのが一番いい。

段差の逆は滑り台状態

砦の裏側は、滑り台のような斜面になっている。ここを駆け下りたら、「越後まつだい冬の陣」の会場をあとにし、山の上の松代城を目指すことになる。

体育館と会場

会場。のっとれ戦士の控え室となっている体育館と、テント。手前がやたらと広いスペースになっているのは、ここに総勢500人にも及ぶのっとれ戦士が集まることになるから。

屋台1

10:06
さて、今のうちに屋台を見ておこう。今は飲み食いする余裕がないけど、松代城を乗っ取ったあとに何を食べるか、今のうちから腹算用をしておきたい。

お、この屋台は串焼きを扱っているな。つぶ貝の串とか、はまぐりの串といった海産物系の串が得意らしい。かに汁も扱っている。さすがにこんな寒いところで「豚バラ串」なんて売ったら、速攻で冷えて脂が白く固まってしまっておいしくないのかもしれない。

それにしても、ヱビスビールあるのか。まあ、今日みたいにお日柄がよろしければ、ありえる選択肢だ。もし天気が悪かったら、とてもじゃないけどビールなんて買う人はいないだろう。3月中旬とはいえ、まだまだ寒い。

屋台2

ラーメンと餃子を売る屋台があるというのも楽しい。「屋台」の定番とはいえないメニューを扱っているお店があると、「おっ!」と興味が湧く。

みそチャーシュー麺が400円!安い!

「お父様 今日はなんだか恵太ラーメンが食べたい気分ですわ」

という謎の張り紙が面白い。

餃子とビールのセットを売っている、というのも、にくい。

テント付き休憩所

この「越後まつだい冬の陣」会場の特徴としては、屋台が並んでいる背後にテント、椅子、机完備の「一般休憩所」があるということだ。ちゃんとビニールで風よけがされている新雪雪渓。違った、親切設計。今日みたいに天気が良ければいいのだけど、天気が悪いとこういう場所がないと罰ゲームに等しい。

あと、天気が良かったとしても、何しろこの周辺はだだっ広い雪原だ。ちゃんとこういう場所を作っておかないと、「とりあえず座る」場所がどこにもない。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました