栄枯盛衰を温泉地で見た【鬼怒川温泉】

食堂入口

16:34
ついに我々探検隊は、この秘境の最奥地である食堂へとたどり着いたのであった。

別に探検隊でも、最奥地でもないのだけど。でも探検している感は満載の時間を過ごしております。

さすがにまだ時間が早いので、格子戸が閉まっていた。ここが夜になると、バイキングだうぉりゃー!!!と盛り上がることになるのだろう。

北海道グルメフェア

食事処の前に掲示されていたポスター。

「北海道グルメフェア」

だって!!

「安いモンでもたらふく食ってろこの野郎」という投げやり感満載ではない。楽しんでいただこう感が満載だ。だってだって、「北の大地と海の恵みが今だけ食べ放題!!」って書いてあるぞ。びっくりマーク2つだぞ。

冬の間だけ開催のフェアらしい。閑散期の集客を考えてのことだろうか。

ホタテ、ズワイガニ、ジンギスカン、ちゃんちゃん焼き、石狩鍋、じゃがバター・・・なかなかに魅力的だ。どれが食べたいかって?いやそりゃもう全部食べますよ。だって「バイキング」って、「その場にあるものを全種類食べないといけない」っていうルールですよね?

「出来立てライブキッチンで!」と書いてある。目の前でシェフ(?)が調理してみせるのだろう。そりゃ手間がかかってる。冷凍食品を電子レンジで温めて出しました、というわけにはいかないのだから。

夕食時間を遅めにしておいてよかった。今晩は北の大地が砂漠化するくらい、食べないと。

食堂前の客室

食事処と廊下を挟む形で、客室があった。多くの人が出入りする食事処に対面するというのはちょっと変わってるな、と思う。わいわいうるさいだろうし、酔客が扉をガチャっと開けたりしないだろうか?ちょっと心配になる。

そういうこともあってか、この客室の前には「目隠し」になるような小さなついたてが扉の前に付いていた。酔っ払いのタックル対策だろうか。

風呂

今のところ、まだ風呂に入っていない有様。館内探検を済ませないと、どうもソワソワするのでゆっくりお風呂に浸かっていられない。しかしかなり時間がかかっているので、「館内探検が今回の旅の目的じゃねぇぞコラア」という気持ちもある。適当なところで切り上げて、風呂に向かわなくては。

3階のロビーに下り、風呂があるエリアを窓から見下ろす。

手前が貸切風呂、そして男性露天風呂、女性露天風呂と湯屋が連なっている。

広告ポスター

あれっ。

フロント近くにあったポスター。

大江戸はバイキングだけではございません。
各種宴会も大好評!!

ご宴会は各施設オリジナルの会席料理と地元の銘酒をお時間のゆるす限りたっぷり楽しみください。

だって。へー。そうなのか。だったら、先ほど見てきた大小さまざまな宴会場や料亭街も使い道はあるってもんだ。「バイキングは騒がしいから好きではないので、落ち着いた会席料理で・・・」という人は当然いるから、そういう人はこっちのプランを是非どうぞ。

「お時間のゆるす限りたっぷり」というけど、なら、「おう、俺は今日一日暇だから、たっぷり楽しむぜ」と半日居座ってもよいのだろうか?

ロビーの端末

フロント脇に、モニターがずらっと並んでいる。大江戸温泉物語のスマホアプリをインストールしていると、ここで割引クーポン券が印刷できるらしい。

クーポン

スマホの画面を読み込ませたら、こんなクーポンが手に入った。

お夜食コーナー全品対象で100円引きいたします!!!

挑発してくるねぇ。お夜食コーナーにかかってこいや、というわけか。

とりあえず懐にしまっておくけど、たぶん使わないだろうなあ。だって、バイキングでガチィッと食べる予定だから。しかも夜の9時頃まで。お夜食が入る胃袋の空き容量が果たしてあるかどうか。

売店

16:42
おや、もう売店が営業開始していた。平日なので時短営業モードだったけど、16時を過ぎたので営業を開始したのだな。

このホテル自体がかなり巨大なので、売店だってそれに比例してデカい。ヘタなSAの土産物コーナーよりも広いかもしれない。

お土産

「日光を見てきました」という、投げやりすぎて笑ってしまうタイトルのお菓子。

「○○に行ってきました」という名前のお菓子は随分前からの定番で全国各地にあるけど、「見てきました」というのはそれに輪をかけて脱力してしまうタイトルだ。こういうお菓子、やっぱり全国各地にあるのだろうか?

そもそも僕は「日光」は見てきていないわけなのだが、これを職場のおみやげとして買って帰ると嘘つきだろうか?あ、でも鬼怒川温泉ってのは日光市に属するんだったっけ。

レモン入り牛乳コーナー

栃木といえば忘れちゃいけない、レモン入り牛乳。

単なる飲み物にとどまらず、いろいろなお菓子として売られていた。冷静になって飲んでみると大してうまくはないドリンクだけど、独特の味わいだし懐かしい感じがある味なので時々飲みたくなる。



タイトルとURLをコピーしました