栄枯盛衰を温泉地で見た【鬼怒川温泉】

温泉まんじゅう屋

10:01
鬼怒川温泉駅へと向かって歩く。

昨日とは違うルートを歩いているので、また違った景色が目の前に広がる。幸い今日はお天気が良いし、明るいというのも好印象だ。やっぱり、曇天で薄暗く、なおかつ寒い時だと街全体の印象が悪くなってしまう。

道中、温泉まんじゅうを売るお店があった。

栗まんじゅうが200円のところ140円、普通のまんじゅうは100円のところが70円。それぞれ3割引だ。どうした、やけくそになったか?本日限りのセールというわけではなさそうだ。

「どうせ中国産の安い素材なんでしょう?」と思ったが、そう思われることを見越して、お店はちゃんと「地元の栗を使っております」と書いてあった。さすがだ。

とはいえ、安いなあもう。こんなの、100個売れたって儲けは知れているだろうに。心配になってしまう。心配になってあれこれ「背景」を考えているうちに素通りしてしまった。今思うと、折角だからまんじゅうを買っていけば良かった。単に「100円のところを本日限りで90円」と謳っていた方が、「ほう!それなら買おう!」って衝動買いしたと思う。70円というのはインパクトがありすぎだ。

自販機

何の変哲もない自販機だと思ったら、いろいろネタものが仕込まれてあった。

チョコ菓子のキットカットから始まって、柿の種、ナッツ、焼きりんご、おでん、みそラーメン、しょうゆラーメン、つゆだくもつ煮込み、肉じゃが、とん汁、筑前煮。

素泊まりでホテルに一泊する貧乏学生さん向けだろうか?それとも、観光地で浮かれている人向けに、ネタを提供して衝動買いさせる作戦か?

秋葉原にこういう自販機があったら、人気が出たはずだ。しかし、鬼怒川温泉にこれがあっても果たして売れるのかどうか。実際僕は、「珍しいもの見つけた!」と写真を撮るだけ撮って、それでおしまいだった。朝ご飯を食べた直後だし、「お土産」としてでも欲しいとは思わなかった。いかんなー、地元経済に貢献してないなー。

鬼怒川温泉駅

10:08
鬼怒川温泉駅に到着。

それにしても広い駅前広場だ。昔からこんなに広かったのだろうか?イベントをやることを前提にしているのだろうが、それにしても無駄に広く感じる。

足湯に浸かる

電車が来るまでしばらく時間があるので、足湯に浸かってみる。昨日はこの足湯を利用していなかったので、今日浸かることで「コンプリートしてやったぜ感」に満ちあふれる。

足元

まあ、お湯そのものは普通なんですけどね。

そういえば、白濁してにおい立つような温泉の足湯って、今まで一度も利用したことがない。きっとどこかにあるのだろうけど、たまたま僕には経験がない。恐らく、そんなお湯が沸く温泉地は、足湯なんかよりも共同浴場が充実しているのかもしれない。

鉄道むすめ

10:12
憶測はさておき、「足湯に浸かった」という実績をこしらえた後はとっとと駅に向かう。

駅には、「鉄道むすめ」がバーンと描かれた鬼怒川温泉オリジナル自販機が鎮座していた。すごいな、日本始まってるな。萌えの世界と鉄道の世界というのは似て非なるものだけど、ファン層が一部重複するというのはなんとなくわかる。その両方に訴求する自販機。しかし、インパクトがなんと強いことか。

鬼怒川温泉駅

鬼怒川温泉駅改札。浅草行きの特急があと数分で出発するようだが、それには乗らない。その後に出発する、東武日光行きに乗る予定だ。鬼怒川と日光って直通列車はないものだと思っていたが、時々走っているらしい。途中、下今市駅でスイッチバックするようだ。

青い特急スペーシア

どん詰まりの線路になっている1番線に、青い浅草行き特急が停車している。鬼怒川温泉始発らしい。そしてその隣の2番線には、既に僕が乗る予定の東武日光行き列車が停車していた。

赤い列車だ。昨日見かけた、「会津マウントエクスプレス」らしい。ラッキー。

赤い電車

で、その会津マウントエクスプレスですよもう。

会津・日光

ほへー。「会津・日光」というゲートがお出迎え。有料特急列車ではなく、普通の快速でこの面持ちというのはとても得した気分。

立派な座席

座席も、ロングシートではなく転換クロスシート。席と席の間がやや狭いが、特急料金を取るわけでもないのだからこれで十分。

座席2

一人掛けの席もある。さすがに新幹線のように車両の幅が広くないので、乗降口近くはこういう変則的な座席になる。しかし僕のような一人旅にとっては、むしろここが特等席に見える。

路線図

路線図の紹介は、鬼怒川温泉から始まって喜多方まで。遠いと思っていた福島県も視野に入ってくる。

タイトルとURLをコピーしました