栄枯盛衰を温泉地で見た【鬼怒川温泉】

日光の風景

10:40
東武日光に向け、会津マウントエクスプレスは出発。

しばらくの間、民家がまばらな田園風景の中を走る。鬼怒川温泉という場所が、温泉と渓谷美によって急にボコッと発展した場所だということがわかる。

のどかだなぁ・・・。今日はもうこのままのんびり、空を見上げていてもいいなぁ・・・。と思うが、そういう時間の過ごし方ができない性分なのが僕なので、やっぱりこの後あれこれ計画を立てている。

過去何度かやった温泉療養だけど、本当に効果あった!とみなせるのは、「空を見上げてぼんやり半日過ごす」なんてことができるようになったあかつきだと思う。あれこれスケジュールを詰める、なんてやっている限り、いつまで経っても心は落ち着かない。

車内販売1

車内販売メニュー、というパウチされた紙を発見。この短編成車両、ちゃんと売り子さんもいるのか!観光列車として随分と頑張っているものだな。

ホットコーヒー300円から始まって、350mlのビールが270円など。「会津みちのく酒紀行」と称して、会津地酒5種類飲み比べセットなんてものも売られている。これは明らかに長旅用だな。鬼怒川~日光程度の短距離移動だったら、おちおち5種類も飲んでられない。

車内販売2

お菓子もおつまみも売られております。なんだか楽しくなってくるな。こういうのをあれこれ買って、その場で宴会!というのはさぞ楽しかろう。

しかしビーフジャーキーが売られているって、完全にオッサン好みだな。多分女性はビーフジャーキーを買わないだろうし、歯が弱っているお年寄りも買わないだろう。いいな、ビーフジャーキーをむしりながら、ガハハと笑いながら酒を流し込む光景。

会津鉄道と東武鉄道横並び

11:06
下今市駅でスイッチバックがあったのち、方向転換した会津マウントエクスプレスは東武日光駅に到着。

東武日光駅ホーム

東武日光駅は不思議な形をしていた。Yの字型に駅舎に向かって広がっているホーム、そしてホームと駅舎との間に不自然な段差。Y字ホームは合計6番線まである。増改築を繰り返して、今の変な形に落ち着いたのだろうか?

東武日光駅前

11:08
それはともかく、東武日光駅正面。

いつも日光に来るときは車だったので、まともにこうやって駅前に滞留したことはない。車というものは便利な乗り物だが、目的地to目的地で常に行動するので、無駄がなさ過ぎる。その結果、その土地というものをわかった気になるけど、実は全然わかっていなかったりもする。

というわけで今回は「本当にわかった気になろう」と思う。

広い駅前

東武日光駅前。

奥日光や霧降高原などに向かうバスが停車している。

日光茶屋

さて、とりあえず日光東照宮方面に向かって歩いて行こうと思っている。道中、どこかでお昼ご飯んを食べられればいいかなと。

やはり日光といえば湯波料理なのだが、湯波は高い。観光地物価も相まって、若干躊躇する値付けになっている。「夕食ならともかく、お昼でこの値段はねぇ・・・」と観光パンフレットを見ながら唸る。仲間との旅行なら、「せっかくだから!」という魔法の言葉が活きてくるのだけど、一人旅だとそこまで贅沢する気にもなれない。

日光といえば、湯波の他にも天然氷を使ったかき氷も有名だ。駅からほど近い「日光茶屋」では、そのかき氷が食べられる・・・ということだが。うーん、お昼ご飯の前にかき氷をズドンと胃袋に入れる気にもなれず。いったん保留で、帰りがけに時間と気分の余裕があったら考えよう。

東照宮への道

東照宮に向かう道。国道119号。

観光シーズンともなれば、ここを歩く客が大勢いるものだが、今日は平日アンド冬なのでガラガラ。

ちなみに言っておくと、東武日光から東照宮までは結構歩くので、普通の人はバスに乗って向かった方が楽だ。歩くのは道中のお店を覗きたい、という物好きの人がやることだ。



タイトルとURLをコピーしました