栄枯盛衰を温泉地で見た【鬼怒川温泉】

和室

「湯けむりエリア」に向かう途中、電気がついているお座敷を発見した。

地図上では「湯上がり処」と記されているところだ。スリッパが並べられているし、誰かが中にいるらしい。ここなら入っても怒られないだろう。

和室2

湯上がり処。なるほど、畳のお座敷にくわえて、テーブルとソファ、そしてテーブルの上には囲碁セットが置いてあった。男女別に風呂に入った際、ここで待ち合わせにするとよさそうだ。

あと、奥には有料のマッサージチェアが置いてある。

こういう設備はすべてが新しく、くすんだ感じがしない。ボロ宿を二束三文で買ってそのまま使っている、というわけではないというのがよくわかる。大江戸温泉物語が買収してから、ちゃんと手をくわえお金をかけ、リニューアルしているということがいちいち伺える。

漫画完備

仕切りを挟んで隣には、マンガ図書館ともいえるエリアが広がっていた。

ずらっと漫画

これはすばらしい。暇つぶしには最適だ。

「ひとり旅だから、夜一人で暇をもてあましたらどうしよう?」なんて悩まなくていい。読みかけの本を持参するとか、スマホをポチポチといじらなくても、ここでマンガを読んでいれば何日でも持久戦ができる。

ホワイトボード

ありゃ。なぜか壁のホワイトボードに、ちばてつや先生の絵が。

ファミコン

ファミリーコンピュータが置いてあった。まだコイツ、現役で動くのか!もう30年以上前のものだろ、これって。

アルコール一杯無料

宿からのお知らせを告げるポスターがあちこちに掲示されている。この部屋にも置いてあったのだが、大江戸温泉スマホアプリで登録する会員になれば、「夕食時アルコール一杯無料」なんだそうで。かなり太っ腹だと思う。

そういえば、チェックイン時に職員さんからおすすめされたっけ。「アルコール一杯無料にできますが?」って。いやー、でもアルコールは一滴たりとも飲まないからなあ。ノンアルコールビール一杯無料、っていうなら喜んで権利行使するのだけど。

引き戸

湯けむりエリアを目指す。

「エリア」という名前がついていると、どうしても秘密めいた印象を受ける。それはきっと、「エリア51」(アメリカが宇宙人との密約に基づいてUFOの開発を行っていたり、人体実験を行っているとされるネバダ州の奥地にある基地)の印象が強いからだろう。

道中、「カラオケボックス新築工事中」のエリアを通過する。

先ほどの高速エレベーター新築工事中に続いて、この旅館は設備投資に余念がない。大型旅館のビジネスはもうアカン、というはずだったのに、どっこいこうして増設しているぞオイ。どうなってるんだ。

いずれ100円ショップとかユニクロとか、そういうテナントを誘致してイオンモールみたいになるんじゃあるまいか?

卓球ルーム

湯けむりエリア手前にある「卓球ルーム」。

無料で卓球ができるらしい。少しでも宿泊客からお金を頂戴しよう、と宿は必死・・・というわけではない。先ほどのマンガしかり、アルコール無料クーポンしかり。安い値段で集客して宿泊させたのち、さまざまなオプションでチャリンチャリンとお金を稼ぐビジネスモデルではない、ということだ。安い値段はあくまでも「高稼働率」をキープするためのものにすぎないらしい。

ドアのすぐ向こう側から、カンコンカンコンと球をはじく音と歓声が聞こえてくる。どうやらお楽しみ中らしい。扉をあけて中を覗くと、ばったりプレイヤーさんと目が合ってしまいそうなのでやめた。

さすがに一人旅で卓球、というのは無理だ。せいぜいできて、ラケットを手に素振りをするくらいだ。それはちょっとむなしい。



タイトルとURLをコピーしました