愛知迷走

まこと家 外観

21:19
栄の地下街では夕食会場が見つかりそうにもなかったので、そのままオアシス21まで行くことになった。オアシス21まで行けば、飲食店が何軒かあるだろう。

久しぶりに集まったメンツだし、わざわざ名古屋まで出張ってきた人もいる。だから、「サイゼリアでミラノ風ドリアでも食うか!」というわけにはいかない。何か「旅情」がある食事でないと、収まりが悪い。そういうリクエストに対して、しぶちょおが「このお店ならよかろう」と選んだのが「まこと家」だった。聞いたことがないお店だが、名古屋のチェーン店なのだろうか?店頭には「からだにうれしい まこと家『なごやめし』というポスターが張ってある。名古屋メシを前面に打ち出したお店らしい。そりゃいいや。

メニュー

メニューを見ると、きしめんがあったり味噌煮込みうどんがあったり。

おっと、「四川風(親子入)みそ煮込みうどん(1,050円)」というのがあるぞ。辛くしているっぽい。よし今晩はお前と共にいい夢見ることにするぜ。

メニューには、「ロースかつみそ煮込みうどん」なんてものもあった。そうかー、カツ丼、カツカレーというのは定番料理だけど、うどんの上にも乗っけちゃうんだな。コロッケうどん・そばの亜流と思えば納得だけど、東京界隈では全く馴染みがない発想だ。丸亀製麺とかはなまるうどんでも、「トンカツ」はトッピングメニューにあるまい?
カツカレーを食べる人

って、うわあ。カツカレー頼んでる人がいる。しぶちょお。

君、朝もカレーだったよな?一日二食カレーなのか。

いやまあ、愛知に住んでいて、何を今更名古屋メシなんだ、っていうのはよくわかるけど。

しぶちょおの本日のお食事。

朝:カレー 昼:焼肉腹いっぱい 夜:カツカレー

すばらしい。僕もこうありたいものだ。このガッツリっぷり、まだまだ若い証拠だ。ジジイになって変に物わかりが良いフリをするようになったらダメだな、「あれもこれもちょとずつ。」なんてこざかしいことしか思いつかない。

味噌煮込み二種類

一方、無邪気なまでに名古屋を満喫する蛋白質とおかでんは、味噌煮込みうどんだ。

手前の僕の方が「四川風」、奥の蛋白質がノーマル。お値段差は100円。具は一緒なのでどっちがどっちかわからなくなりそうだが、よく見ると四川風の方は粉末唐辛子が浮いている。

味噌煮込み

味噌煮込みうどん。

土鍋のふたを取り皿がわりにする、というお作法はこのお店の場合なく、ちゃんと取り皿が用意されていた。うん、赤だしの濃い味が体に染み渡る。味噌ォォォォ!って感じ。

このメニューには「定食」もある。ご飯などがつくセットメニューなのだが、「うどんをおかずに白米を食べる」というのはよくわかる。なにせこの味の濃さだもの。

さて、解散する前に明日のことについて話をしておかないと。作戦会議を開く。

我々が名鉄のイベント「SAGASE! ~ 記憶を呼び起こし 駅を探し出せ ~ 」に参加するに当たって把握しているのは、

  1. 名鉄のサイトに掲載されている写真から、スタート地点となる駅を当てないといけない。
  2. 訪れた駅に、次の目的地がどこなのかヒントがある。それを見ながら名鉄に乗りまくる。
  3. 1DAYフリーきっぷまたは2DAYフリーきっぷを買わないといけない。
  4. 「初級編」と「上級編」がある。

ということだ。情報がこれだけなので、一体どれくらい名鉄線内をウロチョロさせられるのか想像がつかない。ただ、1DAY以上のフリーきっぷを買うことが参加条件になっていることから、フリーきっぷの元が取れるくらいにはお前らを右往左往させるぜ!という犯行予告に間違いない。

「1DAYフリーきっぷ、いくらだ?」
「3,100円だってよ」
「高けぇー!ということは、それくらいは乗りまくるってことかよオイ」
「だろうな、元が取れないんだったら、イベント参加者からクレームがくるだろうからな」
「1日で終わるか?」
「1DAYのきっぷ、って書いてあるんだから1日でも終わるんだろう。初級編と上級編の両方を同時に攻略するなら、1日では終わらんかもなあ」
「一体どれくらい途中のチェックポイントがあるんだろう?」
「さあ?」

うーん、とみんな唸る。ヨーイドンしてみないことには、全くスケール感が実感できない。路線図を見たって、複雑すぎて地元民ではない僕にはいまいち覚えきれない。

とにかく、明日朝イチに行くべき駅を確定させないと。あらためて名鉄のサイトを確認すると、こんな写真が掲載されていた。

SAGASE!最初の目的地

(名鉄オフィシャルサイトから転載)

スタート地点となる駅について、2枚の写真が掲載されている。1枚は改札、もう1枚はホームだ。えええ、さっぱりわからんぞこれ。「~ 記憶を呼び起こし 駅を探し出せ ~」と言われても、記憶もへったくれもない。

でも、「ははーんなるほど、そういうことか」とこの企画のキモがわかってきた。

改札の上には電光掲示板がある。これがすごいヒントになりそうだ。3番線には「伏見・赤池・豊田市方面」、4番線には「名古屋・豊橋・中部国際空港方面」と表示されている。・・・あれ?どっちも同じ方向に見えるんだが、違うの?

「鶴舞線(名古屋市営地下鉄)に名鉄は乗り入れてるの」

あ、そうか、伏見って名古屋駅と栄の間にある地下鉄の駅だよな。で、それとは別に名古屋や豊橋という名鉄の大動脈である路線が走っているわけか。

「名古屋・豊橋方面(名鉄本線)」と、「伏見・豊田方面(鶴舞線乗り入れ)」が両方通る駅。まず、名古屋より西であることは間違いない。こうやって、駅を絞り込んでいくというわけだな。支線がやたらと多くて複雑な路線図を構成する名鉄だからこそ、むしろ場所を特定しやすくなる。

「犬山線のどこかだよな。多分上小田井駅だと思う」

しぶちょおが言う。同じく愛知県民のちぇるのぶも「そうだな、上小田井だろ」と呼応している。あれれ、これは楽勝問題だったのか。ところで上小田井ってどこだ?

地図で確認して納得。なるほど、地下鉄鶴舞線の始終着駅なんだな。

2枚目のホームが写っている写真だが、すかさずしぶちょおだったかちぇるのぶだったかがその特徴に気がついた。

「ほら、ホームの上に陸橋がある。これ、高速道路(名古屋第二環状自動車道)だろ。ちょうど上小田井駅の条件と合致するぞ」
「ああ、じゃあもう確定だ」

はー、鮮やかなもんだな、あっという間に特定してしまった。最初、「いいか、ネットで調べたら簡単に回答がわかってしまうご時世だから、極力ネットはやめよう」なんて言っていたんだけど、ヒントはきっちり写真の中に収まっていた。

しかも、この駅のホームは4番線まである。ちょうど鶴舞線との分岐地点、ということが伺えるので、上小田井駅であるという推理を補強していた。

場所がほぼこれで間違いないだろう、ということになったので、明日は上小田井駅前にある星乃珈琲店に朝7時集合、ということに決めた。ここでモーニングを食べてから出陣しよう、というわけだ。

朝がかなり早いけどしかたがない。何しろ、この企画のボリューム感がさっぱりわからないからだ。のんびりやっているうちに日が暮れて時間切れになるのは惜しいので、早めに始めてしまうことに決めた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました