愛知迷走

田縣神社の駅

10:00
名鉄の駅まで歩いていく。 駅には、団体観光客とはまた違う外国人観光客の姿もちらほら。それが若い女性だったりするわけで、一体どこでこういう情報を仕入れたんだ?と不思議になる。 訪日外国人の数がとても増えている、というのは東京に住んでいてつくづく実感するし、それ以外の観光地でも感じることだ。しかし、こんな神社にまで、個人旅行客がやってくるとは驚きだ。ネット時代ならでは、ということなのだろうか。

「田縣神社、どうでしたか?」 と聞いてみたい気もしたが、どう考えてもセクハラなのでやめておけ。そもそも、ボキャブラリーが少ない中で会話をすると、ものすごく直接的な表現になってしまう。さすがにそれはやばい。

大名古屋ビル

10:59
名古屋駅到着。新幹線まで結構ギリギリの時間となった。 そしてもう一つ、ギリギリだったのは名古屋駅ついでに、駅前の「大名古屋ビルヂング」に用事があったことだ。ここには、岐阜で著名な和菓子店、「ツバメヤ」がテナントとして入居している。そこの「黄金(こがね)わらび」というわらび餅が絶品である、というのが轟いており、機会があれば是非購入したかったのだった。

ちょうどテレビ番組「いきなり!黄金伝説」で取り上げられた直後で、あまのじゃくな性格の僕はイヤだなあ、この時期わざわざ買い求めに行くのは安直だよなあ、と思っていた。それでも買いにいかざるをえないくらい、テレビで見たわらび餅はうまそうだった。自分のポリシーを曲げさせるだけの、魅力。

しかし、そんな「イヤイヤ感」が透けて見えたらしく、大縣神社田縣神社のご利益むなしく、購入できなかった。大行列すぎて、開店前だというのに整理券配布がもう終わりましたとのこと。整理券なしの方は12時半から販売しますので、と行列整理をしている方から教えてもらった。駄目じゃん、その頃の僕は新幹線の中だ。

名古屋駅新幹線ホーム

11:14
みんなと別れを惜しむ間もなく、解散となった。昼飯くらいせめて一緒に食べられれば良かったのだけど仕方がない。土産物屋をちらっと見るのが精一杯だった。さて、新幹線で東京に戻ろう。 蛋白質も、僕を見送ったのちにJRで大阪に戻るそうだ。

海老

新幹線で名古屋を離れてからしばらくしたら、LINEでしぶちょおから連絡。そこには、特に解説もなく料理の写真が添付されていた。 うわ、なんだこれは。 串に刺されたエビフライが山盛り。そしてその奥には、玉子が泳ぐ鍋。色からして、すきやきのたれみたいなものだろうか?

玉子に絡める

次の写真では、エビフライが鍋の中にインしている光景が生々しく写されていた。うわなにをするやめろ。 どうやら、しぶちょおはちぇるのぶ達とこんなけしからん食べ物をムシャムシャやっているらしい。なんてこったい。味の想像はつくけど、料理名すら想像がつかん。なんだこれ、初めて見たぞ。 新幹線の中で、ムラムラしてしまう。

矢場とん

13:09
そういえば昼飯、まだだった。 ちょうど正午をまたぐ形で新幹線に乗っていたので、東京駅到着後に昼飯を食べなくちゃ。何で名古屋旅行の余韻があるうちに東京メシなんだ、と思う。もう少しゆっくりしても良かった。とはいえ、カプセルホテル泊だわ、連日2万歩以上の歩きまくりだわで疲れている。とっとと帰宅して家で静養してい気持ちもある。 そんな貴方にぴったりの選択肢があるぜ。東京駅八重洲口のグランルーフに、名古屋メシの定番「味噌カツ」の名店、「矢場とん」がある。ここでガッツリとわらじかつを食らおうじゃないか。 ・・・が、GW終盤戦の東京駅は通路を歩くのさえ困難なくらい人が多かった。駅直結・昼飯時のレストランなんて人が溢れていて当然。ましてや有名店矢場とんだ。「ちょっと並べば店に入れる」レベルではない、かなりやばい行列が店頭にできていたのであっけなく断念。

大江戸天丼1

「チクショウ、名古屋に嫌われた」 と勝手に被害妄想を抱いた僕は、「名古屋のかたきは江戸で打つ」とばかりに矢場とんの近くにあった天ぷら屋に突撃。そこで「大江戸天丼」なるものを食べたった。しかも大盛りで。ふいー、してやったりだぜ。しぶちょおに「こっちはこんなの食ってやったぜ」と見せ付けるために写真を送っておいた。 「大江戸天丼」を食べた話は、「美貌の盛り」に掲載済み。

天喜代 東京駅グランルーフ店
『大江戸天丼(大盛り)』(東京都中央区八重洲)東京駅の八重洲口に、「グランルーフ」という建物がある。その中にはいくつかお店があるのだが、そこに剣山のような天丼を供するお店がある。店名を「天喜代」という。駅ビル、しか...

黄金わらび

しかししぶちょおもさるもので、追い討ちをかけてきた。今度送ってきた写真は、「黄金わらび」のパッケージ。あれっ、購入できたのか!? 聞くと、12時半の回に並んだら、購入することができたのだという。それはうらやましい。

黄金わらび

黄金わらびのアップまで見せ付けられちゃってモウ。でも東京で地団駄踏んでもあとのまつり。また今度名古屋または岐阜に行った際のお楽しみにしておこう。

赤福

一方の僕はというと、伊勢名物「赤福」で非常にオーソドックスな旅の余韻を。 この大胆なまでにあんこだらけの食べ物、いまどきむしろ新鮮に感じる。これはこれで美味いからよし。

SAGASE!のキーホルダー

忘れた頃にもう一つ、旅の余韻があった。 名鉄から謎の封書が届いたので何事!?と思ったら、中からキーホルダーが出てきたのだった。これは、SAGASE!の正解者のうち、抽選でもらえるものだ。どうやら、当たったらしい。 しぶちょおも当たったらしく、僕が手にしたものと全く同じものが家に届いたという。

「参加者全員にもらえるんじゃないか?」 とかんぐったが、ちぇるのぶと蛋白質には届かなかったようなので、本当に抽選だったというわけだ。 やっぱりアワレみ隊は企画ものが似合う。こういう企画をしれっとやれるのは、昔っからの付き合いの仲間だからであり、他の人とは無理だ思う。アワレみ隊だからこその阿吽の呼吸があるし、遠慮の無さがあるからだ。

最近すっかりご無沙汰のアワレみ隊活動。昔のように多頻度開催というのは難しいけど、時々集まって何かやらかすことは続けていきたいものだ。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました