名古屋なめ尽くしオフ【名古屋】

「アワレみ隊OnTheWeb」のオフ会として開かれた忘年会の席でのこと。そのときは北海道に本店があるジンギスカン屋で羊肉を食べまくっていたのだけど、これがめっぽう美味かった。そんな美味い肉を食べていたとき、参加者の一人であるまゆみさんが

「そういえば私、名古屋に行ったことがないのよね」

とつぶやいたことから話が盛り上がった。北海道にも美味いモノはいっぱいあるけど、そういえば名古屋にもいろいろ変わったメシがあるよね、と。

昔は、名古屋(または愛知県)といえば「えびふりゃ~」とか「みんな、喋るときに語尾に『みゃー』って付けるんでしょ?」といったステレオタイプで語られたものだ。しかし今や、すっかり独自文化を持つ、魅力的な土地としてのブランドを確立している。

古くは「赤だし」でおなじみの八丁味噌。これは、味噌を造る際に米でも麦でもない、豆から麹を作るという独特の製法であり、圧倒的存在感のある味噌として存在している。

それだけではない。小倉トーストやあんかけスパ、ひつまぶしといったA級からB級グルメまでを数多く輩出し、さらには「喫茶店のサービス過剰なモーニング文化」という世界観も名古屋を中心とした愛知/岐阜ならではだ。掘り下げれば掘り下げるだけ、面白いものが一杯詰まった土地だ。

何故あの界隈がそういう世界になったのか、文化的考察をすればいくらでも理由はあるのだろう。そのあたりはよくわかんないけど、とにかく「あれもあるよね」「これもあるよね」とその忘年会の席ではとても盛り上がった。

で、酒が入っている勢いもあって(僕だけは酒を飲んでおらずしらふで北海道名物:ガラナジュースを飲んでいたが)、じゃあ名古屋で食い倒れオフやるか!っていう話になだれ込んでいったのだった。しかも、名古屋であれもこれもやろうとすると、こりゃ日帰りじゃ無理だよね、という雰囲気になったので、「だったら1泊2日にしたらぁ!」っていう話にもなっちゃった。

まあ、酒の席の話だから、ってことでしばらく放置されていて、その間に新潟県の「のっとれ!松代城」へ遠征オフがあったりもした。しかし、何かことある度に忘年会で会ったメンツたちと顔を合わせる度に「名古屋」って話が出るので、じゃあもう本当に企画しちゃえ、ということにした。

幸い、愛知県にはたっぴぃさんというオフ会によく顔を出してくれる方が単身赴任中だった。名古屋市在住ではないものの、当然名古屋にも詳しいので、たっぴぃさんがアイディアを出し、僕がそれをある程度束ねる形にし、さらには愛知県在住歴20年以上を誇るアワレみ隊員、しぶちょおに添削をお願いした。

しぶちょおは今回の名古屋オフに参加ができなかったのだが、「こんなところに行くくらいならこっち行った方がいい」などとこれまで作ってきた案をバッサバッサとなぎ倒しつつ、より良い案にブラッシュアップしてくれた。自分が参加しない企画にもかかわらず、数時間もの間時間を割いてくれたしぶちょおには感謝したい。

特に彼は、「そのお店はこっちにも支店がある」といった細かい情報に長けていて、さすがであった。たとえば「手羽先!」といったら、やっぱり夜ビール飲みながら「風来坊」か「世界の山ちゃん」だよね、なんてシロウトは思いつくわけだが、しぶちょおは「名古屋駅の近くで風来坊の手羽先はテイクアウトできる。帰りの新幹線で食べればいい」などという提案ができた。他にも、「こっちに支店があるからそっちが狙い目」とかそんな情報がゴロゴロ。

ただ、そんな微に入り細に入りのネタを詰め込んだら、本当に喰い地獄な、ひたすら食べ続ける1泊2日企画になってしまった。できあがった案を俯瞰して、我ながら「なんじゃこりゃー!?」と思ったくらいだ。

そんなわけで、まとまった案がこちら。

[5月10日(土)]

06:43 東京駅発
↓(のぞみ201号)
08:24 名古屋駅着

【喰い地獄01】天むす@美濃味匠 →購入後、移動の電車内で食べる
//tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23037816/

8:50 名古屋駅

9:20 東山公園駅→東山動植物園

9:50 芸大前駅→トヨタ博物館

(それぞれ分かれて観光)

12:00 トヨタ博物館→芸大前駅

12:30 東山動植物園→東山公園駅

13:00 矢場町→味仙へ

【喰い地獄02】台湾ラーメンほか@味仙
//tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23004315/

14:30 大須観光

【喰い地獄03】大須食べ歩き(ういろう等)

15:30 上前津→神宮西へ

熱田神宮参拝

17:00 熱田神宮→蓬莱軒へ

【喰い地獄04】ひつまぶし@蓬莱軒
//tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23000063/

19:00 熱田神宮→伊勢屋へ

【喰い地獄05】とんちゃん@伊勢屋
//tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23007606/

21:00 伊勢屋解散→栄へ

夜の街を、ご自由に。

宿泊先:ユニゾイン名古屋栄東
//www.unizoinn.com/inn-nagoya.s.h/
愛知県名古屋市中区新栄町3-2

[5月11日(日)]

8:00 チェックアウト

【喰い地獄06】モーニングとかエビフライサンドとか@コンパル
//tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23037111/

9:00 コンパル発

(徒歩で名古屋地下街~テレビ塔を経由しながら名古屋城まで散歩)

10:00 名古屋城着

(名古屋城観光)

12:00 市役所前駅→黒川駅

【喰い地獄07】カレーうどん@鯱乃家
//tabelog.com/aichi/A2301/A230110/23000050/

13:30 黒川駅→ノリタケの森

(名古屋の産業について勉強)

16:30 ノリタケの森→名古屋駅

【喰い地獄08】みそかつ@矢場とん
//tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23000136/

【喰い地獄09】手羽先@風来坊 →購入後、新幹線の中で食べる
//www.furaibou.com/t_44_passe.htm

お土産購入など

【喰い地獄10】きしめん@住よし
//tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23001534/

18:03 名古屋駅
↓(のぞみ246号)
19:43 東京駅

解散

企画書の段階で、「喰い地獄」という表現を使ってしまっている。実際その通りだ。朝早くから東京を発ち、翌日夜までひたすら食べている印象。全て計画通り食べられるだなんて思ってはいないが、候補としてだけでもこれだけ並べたのだから壮観だ。

でも、恐ろしいことにこれだけ食べてもまだ名古屋界隈の名物料理を食べ尽くしていない。小倉トースト、味噌煮込みうどん、ミラカン・・・。2泊3日でようやくなんとなく「表面だけは体験できたかな?」程度なんじゃなかろうか。欲を言えば、もっと長期滞在して、あちこちの喫茶店におけるモーニングの違いを比較するととても面白いだろうし。やりだすときりがない世界だ。

こんな体重激増企画、しかも一泊二日の旅程でちゃんと参加者が集まるのか?と思ったら、なんやかやで6名もの人が集まったのでびっくりだ。愛知単身赴任中のたっぴぃさんは現地集合となり、奥さんであるおやびんは我々とは別行動で後から合流するという形。他に、言い出しっぺのまゆみさん、相方さん、そして食べ物系身体動かす系なんでもござれのオフ会常連、よこさんという構成。

宿や新幹線については、出張パックを探して僕が全員分を手配した。各自ご自由にチケットを手配して「現地集合・現地解散」なんてやったら、旅情もへったくれもない。新幹線は席を並べて宴会をやりたいし、宿は同じ部屋じゃないにしても近場がいい。

しかし、たっぴぃさんとおやびんのコンビは単身赴任とその奥さんってことで別プランで動くとしても、4人分の旅行費用を立て替え、ってのは結構冷や汗もんだった。もちろん勝手知ったる仲間なので未払いがあるなんて思ってないが、ドタキャンとか発生したらどうすりゃいいんだ、と心配だった。なにせ、一人あたり2万数千円の旅費だ。4人で10万円になる。支払いバックレはないとしても、キャンセル手続きとか幹事としてはいろいろ面倒なことになるので、当日まで「何も起きませんように」とホントに祈る気分だった。

2014年05月10日(土) 1日目

銀の鈴

確か、一番最初にこの企画を考え始めた頃は、「午前中のうちに名古屋に着いて、昼飯から名古屋の洗礼を受けよう」くらいの時間感覚だったと思う。しかし、あれこれ「名古屋らしさ・愛知らしさ」を詰め込んでいくうちにどんどん時間がキツキツになってしまい、結局東京発の新幹線は06:43という有様になってしまった。いくらなんでも早すぎだ。

東京駅の集合は6時半、銀の鈴前ということにしてあった。誰か寝坊して遅刻するんじゃないかと思ったが、ここまで早い時間だとむしろ「うっかりすると寝坊するぞ」とみんな緊張するらしく、6時20分過ぎには全員が集合するという素晴らしいスタートダッシュとなった。

朝からもちろん酒を飲む

で、その素晴らしいスタートダッシュは新幹線の中でも早速展開。もちろん宴会だ。僕自身はもうお酒を飲まないのだが、今回のオフ会でご一緒する人たちとは「酒飲みオフ会」で仲良くなった、「飲み友達」の側面もある。だから僕は彼ら彼女らにガンガン酒を勧めるし、美味そうに酒を飲んでいる様を眺めながら、僕自身が楽しんでいる。いいぞもっとやれ。

ちなみに一応旅情ってものをだな、気にはしているのですよ。いくらスタートダッシュが素晴らしいからといって、新幹線が駅を発つまではプシュっと缶を開けるの禁止。車窓からの風景が動き出してからでないとダメ。

ちなみに今こうして乾杯している写真のタイムスタンプを見ると、「06:47」になっていた。東京駅を出てからわずか4分でこの有様。まだ品川駅にすら到着していないという。

「いいねえ、朝からこの調子だと、これから先が楽しみだねえ」

最近、すっかり「食い倒れ」みたいな若気の至り系企画から遠ざかっていたので、久々のこういう企画にテンションが上がる。「結果的に食い倒れっぽくなってた」ってのとは訳が違う。もうね、最初っから食い倒れる「計画」の上で食い倒れるんだから。

そしてそれにこうして賛同してくれる仲間がいるんだから。そりゃあテンション上がりますで。

チョコレート

さすがに朝から本格的にガンガン飲み倒す、なんてことはみんなやらなかった。そりゃそうだ、食い倒れるために名古屋に行くのに、行きの新幹線で飲み倒れしてしまったのでは意味がない。それがやりたけりゃ、新橋でも錦糸町でもどこでも地元界隈の適当なところで飲んでればいいんだ。

そんなわけで、お上品にチョコレートが配られたりする席。おお、アワレみ隊OnTheWebのオフ会っぽくないな。甘いモンがでてきたぞオイ。

「旅行っぽいなあ」

何でかわからないけど、そんな言葉が口から出た。

チップスターの特殊バージョン

「こんなのもあった」

と言って出てきたのが、チップスター。おなじみのポテトチップだが、外箱が見慣れない。よく読むと、「東海道新幹線限定」と書かれてあったのでびっくりした。こんなものまで売ってるのか!

これは駅の売店で買ったものらしいが、車内販売でも売ってたりするのだろうか?で、新大阪を過ぎて山陽新幹線エリアに入ったら、そそくさとワゴンから撤収して「ノーマル版の赤い箱のチップスター」に詰め替えたりして。

「いやあ、これも旅情だなあ」

富士山

「ほら!富士山だ!富士山だ!」

一同盛り上がる。名古屋に行ったことがないまゆみさんが興奮するのは当然としても、盆暮れの帰省の都度東海道新幹線を使っている僕までが興奮するってどういうことだ。

これから一泊のオフ会が始まる、しかも食べまくるぜ!カロリーとか体重とか気にしないぜ!というこの場の空気が、とても心地良かった。